低音強化で人気のモデルにオーバーヘッド型が登場

オーディオテクニカ、“SOLID BASS”のオーバーヘッド型「ATH-WS70」や限定ゴールドモデル「ATH-PRO700 GD」を発売

Phile-web編集部
2009年10月15日
(株)オーディオテクニカは本日、都内にて同社の2009年秋冬新製品の発表会を開催した。

■人気の“SOLID BASS”シリーズのオーバーヘッド型「ATH-WS70」
12月11日発売 ¥12,600(税込)


ATH-WS70

今年6月に登場した、低音表現を追求する“SOLID BASS”シリーズ。「ATH-CKS70」「ATH-CKS50」のカナル型2モデルがラインナップされ好評を博しているが、このシリーズにオーバーヘッド型モデルが登場した。同社によるとこちらは“SOLID BASS”企画当初から構想されていたとのこと。カナル型2モデルの人気を受け、満を持しての発売となった。

発売中の2モデルと同様、“SOLID BASS SYSYTEM(ソリッドベースシステム)”を採用。空気室(チャンバー)を2つ設けて低域を強化する「サブチャンバーメカニズム」と、装着感を2段階に調整できる「2ポジションポスト」という2つの機構で構成することで、低音表現の増強を図っている。イヤパッドも高密閉性のものを採用し、低音を逃がさない構造とした。再生周波数帯域は10〜25,000Hz。出力音圧レベルは100dB/mWで、インピーダンスは47Ωとなっている。

切削アルミニウムハウジングを直接マウントし、不要振動を低減。ヘッドバンドはどの位置でも自由にアジャストできる無段階調整方式とする。高弾性エラストマーシースを採用した1.2mコードはY型構造としたほか、3.5mmステレオミニプラグはL型としている。

またスイーベル機構を採用し、携帯性も高めている。

■限定ゴールドカラーが煌めくDJ用モニターヘッドホン「ATH-PRO700 GD」
11月13日発売 ¥OPEN(予想実売価格16,800円前後)

ATH-PRO700 GD。クラブで目立つゴールドはDJに人気が高いという

ゴールドボディが眩しい本機は、全世界5,000台の限定生産。直径53mm高耐入力ドライバーユニットを採用し、出力音圧レベルは105dB/mWで、再生周波数帯域は5〜33,000Hzとなっている。DJプレイ用途での使用を想定しているため、片耳モニターに適した±90度反転機構や、円形のハウジングを採用。コードは片出しの1.2mカールコードとしているほか、携帯に便利な折りたたみ機構も採用している。

【問い合わせ先】
オーディオテクニカ相談窓口
TEL/0120-773-417
新着記事を見る
  • ジャンルヘッドホン(単体)
  • ブランドAUDIO-TECHNICA
  • 型番ATH-WS70
  • 発売日2009年12月11日
  • 価格¥12,600(税込)
【SPEC】●型式:密閉ダイナミック型 ●ドライバー:φ40mm ●出力音圧レベル:100dB/mW ●再生周波数帯域:10〜25,000Hz ●最大入力:1,000mW ●インピーダンス:47Ω ●質量:230g(コード除く)
  • ジャンルヘッドホン(単体)
  • ブランドAUDIO-TECHNICA
  • 型番ATH-PRO700 GD
  • 発売日2009年11月13日
  • 価格¥OPEN(予想実売価格16,800円前後)
【SPEC】●型式:密閉ダイナミック型 ●ドライバー:φ53mm ●出力音圧レベル:105dB/mW ●再生周波数帯域:5〜33,000Hz ●最大入力:3,500mW ●インピーダンス:36Ω ●質量:約340g(コード除く)

関連記事