非圧縮PCM伝送技術「AirWired」を採用

ヤマハ、iPodサウンドも楽しめるマイクロコンポ「MCR-140」を発売

Phile-web編集部
2009年10月08日
ヤマハ(株)は、iPodのサウンドをワイヤレスで再生する独自技術「AirWired」を搭載したマイクロコンポ「MCR-140」を11月下旬に発売する。価格はオープンだが、4万円前後での販売が予想される。


MCR-140(ダークグレー)

MCR-140(ホワイト)
本体単独ではCD再生、FMラジオの再生が楽しめるほか、前面に設けられたUSB端子にUSBメモリーをつないでMP3/WMA形式の音楽ファイル再生が行える。また携帯電話やPCをケーブルでつないで楽しむことも可能だ。全高120mmのコンパクト設計を実現。カラーバリエーションはダークグレーとホワイトの2色を揃える。

独自の非圧縮PCM伝送技術「AirWired」が同社のマイクロコンポに初めて搭載され、付属のトランスミッターにiPodを接続して、iPodのサウンドをワイヤレス再生できる。2.4GHzのワイヤレス通信に対応しており、到達距離は約10m。コンポの電源ON/OFFやボリューム操作もiPodから行え、iPodでリモコンのような操作が行える。iPod 5G/iPod classic、iPod nano、iPod touchに対応する。トランスミッターを装着したままiPodを本体にドッキングして充電が行える。


本体にトランスミッターをセットした様子
独自の重低音再生技術となる「Advanced YST Technology」を搭載し、スピーカーキャビネット内の空気の振動を最大限に活用することで、コンパクトなサイズながら迫力ある重低音再生を実現する。また別売のワイヤレスサブウーファーキット「SWK-W10」(関連ニュース)にも対応する。

【問い合わせ先】
ヤマハ お客様コミュニケーションセンター
オーディオ・ビジュアル機器ご相談窓口
TEL/0570-011-808

関連リンク

新着記事を見る
  • ジャンルミニコンポ
  • ブランドYAMAHA
  • 型番MCR-140
  • 発売日2009年11月下旬
  • 価格¥OPEN(予想実売価格40,000円前後)
●最大出力:15W×1 ●入力端子:USB×1、ステレオミニ×1 ●出力端子:ヘッドホン×1 ●消費電力:25W ●外形寸法:180W×120H×309Dmm(本体)、122W×118H×287Dmm(スピーカー) ●質量:3.6kg(本体)、1.4kg(スピーカー)

関連記事