約900Gの耐衝撃性を確保

アイ・オー、iVDR-S/iVDRカセットの160GB・320GBモデルを発売

Phile-web編集部
2009年08月05日
アイ・オー・データ機器は、iVDR-S/iVDRのカセットHDDの160GB、320GBモデルを8月中旬に発売する。

IVSシリーズ
IVS-160(160GB) ¥10,920(税込)
IVS-320(320GB) ¥164,85(税込)


IVSシリーズ

著作権保護技術「SAFIA」に対応したiVDR-S規格のカセットHDDで、日立の薄型テレビ“Wooo”などのiVDR-S対応機器で記録メディアとして使用することができる。録画したHD番組は同社から発売されているiVDRマルチプレーヤー「iV-P100 」でも再生することができる。

強化プラスチックのボディを採用し、約900G(非動作時)の耐衝撃性を確保している。

IVシリーズ
IV-160(160GB) ¥8,715(税込)
IV-320(320GB) ¥13,125(税込)


IVシリーズ

PC用のiVDR規格に対応したカセットHDD。シリアルATA仕様のインターフェースにより大容量データの高速なアクセスが可能で、ディスク回転音が静かな流体軸受を採用。USBアダプターと併用することで、省スペースのパソコン増設用やバックアップ用HDDとして使用することができる。強化プラスチックのボディを採用し約900G(非動作時)の耐衝撃性を確保している。

【問い合わせ先】
(株)アイ・オー・データ機器 インフォメーションデスク
東京 TEL/03-6859-0389
本社金沢 TEL/076-260-1024
大阪 TEL/06-4705-5544

関連記事