可視光/赤外線など様々なカメラに搭載可能

東芝、独自分析方法を用いた高精度人物検出技術を開発

Phile-web編集部
2009年01月13日
(株)東芝は、独自の分析方法を用いた高精度な人物検出技術を開発したことを発表した。こちらは1月13日から東京で開催される国際学会PSIVT2009にて技術の講演とデモ展示を行う。

今回発表された人物検出技術は、「CoHOG(Co-occurrence Histograms of Oriented Gradients:輝度勾配方向共起ヒストグラム)」という新たな分析方法を採用。これは2つの異なった位置での輪郭のペアがどのような頻度で現れるかを元にしたもので、多くの人物画像から特徴を集め、統計学習。物体の「形」を詳細に検出できるため、従来の世界最高水準と比べて誤検出数をほぼ半分に減らすことができるという。また学習した結果から人物検出に有効なペアだけを選択的に用いるため、処理速度は従来方式と同等を保っているとのこと。

同社は本技術が可視光/赤外線など様々なカメラに搭載できることをアピール。監視カメラによる不審者の検知、映像コンテンツの自動検索などへの応用を示唆した。同社は今後2〜3年内の実用化を目指し、更なる検出精度向上を図る、とコメントしている。

関連記事