サンディスク、録画時間を表記したビデオカメラ用SDHCカードを発売

2008年10月21日

16GBの「SDSDHV-016G-J15」
サンディスク(株)は、デジタルビデオカメラ用のSDHCカード“サンディスクビデオHD”シリーズを10月26日に発売する。

16GBの「SDSDHV-016G-J15」と8GBの「SDSDHV-008G-J15」をラインナップする。価格はいずれもオープン。

録画できる時間をラベルに表示した点が大きな特徴。同社では、「従来のビデオ用 カセットテープと同様に迷わず必要な容量のメモリーカードを購入できる」としている。

当然、記録する際のビットレートによって録画時間は異なるが、新製品ではHDの標準的なビットレートである9Mbpsで撮影した場合の録画時間を表記。8GBモデルは2時間、16GBは4時間と記載される。なお、SDスピードクラスはCLASS4で、読み取り速度は15MB/秒となる。

【問い合わせ先】
サンディスク・カスタマーセンター
TEL/0120-89-3009

(Phile-web編集部)

関連リンク

新着記事を見る
  • ブランドSANDISK
  • 型番SDSDHV-016G-J15
  • 発売日2008年10月26日
  • 価格¥OPEN
  • ブランドSANDISK
  • 型番SDSDHV-008G-J15
  • 発売日2008年10月26日
  • 価格¥OPEN

関連記事