オーディオテクニカ、トリプル・バランスド・アーマチュア方式のカナル型イヤホンなど発売

2008年10月16日
(株)オーディオテクニカは、本日同社秋冬の新製品発表会を行った。本項ではカナル型イヤホンや、エントリーヘッドホンをフィーチャーしてお伝えする。なお3製品とも、発売は11月21日となる。

■トリプル・バランスド・アーマチュア方式のフラグシップイヤホン「ATH-CK100」 ¥56,700(税込)

ATH-CK100。低反発ウレタンイヤーピースを装着したところ

こちらはシリコンイヤーピース。ハウジングはチタン製

ATH-CK100の装着イメージ

トリプル・バランスド・アーマチュア方式のカナル型ヘッドホン。各ドライバーは専用設計のネットワークにより、理想的なバランスで駆動させているという。出力音圧レベルは113dB/mW、再生周波数帯域は20Hz〜18kHz、最大入力は3mWとなる。

本機は2008年9月現在、トリプル・バランスド・アーマチュア方式を採用したヘッドホンとしては世界最小となる。ハウジングにはチタンを採用し、約4gという軽量化も実現した。

また、S/M/Lのシリコンイヤーピースに加え、低反発ウレタンを使用したフリーサイズのイヤーピースも付属。指でギュッと潰してから耳に装着すると、各自の耳孔のかたちに合わせピッタリとフィットするという。

■カラフルな6モデルを用意「ATH-CKM30」 ¥3,675(税込)

ATH-CKM30。豊富なカラーバリエーションを用意する

鮮やかなカラーリングのハウジング部

装着した際もさりげなく存在を主張する

ブラック/ブラウン/パープル/レッド/オレンジ/ホワイトという豊富なカラーバリエーションををラインナップした、ポップなイメージのダイナミック型イヤホン。

直径10.7mmのドライバーは、台座を使わずダイアフラムをシャーシに直接設置する「ダイレクトダイアフラムマウント方式」を採用した、新開発のもの。出力音圧レベルは104dB/mWで、再生周波数帯域は14Hz〜24kHz。最大入力は100mWとなる。

装着性と音漏れ防止効果を高めたファインフィットイヤーピースは、XS/S/M/Lの4サイズが付属する。


■“POTTERY”(陶器)のような質感とぽってりしたフォルム「ATH-FW5」 ¥6,300(税込)

“POTTERY”「ATH-FW5」。持ち運び用ポーチも付属する

陶器のような質感のぽってりしたハウジング

「ATH-FW5」の装着イメージ

直径36mmのドライバーを搭載した、密閉ダイナミック型のヘッドホン。主に女性をターゲットとした本機は、パステルトーンのピンク/ブルー/ホワイト/ブラウンといったカラーラインナップを用意。さらに、ぽってりとした曲線フォルムや陶器のような質感のハウジング、髪型が崩れにくいスリムなステンレスヘッドバンドを採用している。

出力音圧レベルは105dB/mWで、再生周波数帯域は15Hz〜23kHz。最大入力は100mW。

持ち運びに便利な折りたたみ機構を持ち、キャリングポーチも付属する。

(Phile-web編集部)
新着記事を見る
  • ブランドAUDIO-TECHNICA
  • 型番ATH-CK100
  • 発売日2008年11月21日
  • 価格¥56,700(税込)
【SPEC】●型式:バランスド・アーマチュア型 ●出力音圧レベル:113dB/mW ●再生周波数帯域:20〜18,000Hz ●最大入力:3mW ●インピーダンス:23Ω ●質量(コード除く):約4g
  • ブランドAUDIO-TECHNICA
  • 型番ATH-CKM30
  • 発売日2008年11月21日
  • 価格¥3,675(税込)
【SPEC】●型式:ダイナミック型 ●出力音圧レベル:104dB/mW ●再生周波数帯域:14〜24,000Hz ●最大入力:100mW ●インピーダンス:16Ω ●質量(コード除く):約4g
  • ブランドAUDIO-TECHNICA
  • 型番ATH-FW5
  • 発売日2008年11月21日
  • 価格¥6,300(税込)
【SPEC】●型式:密閉ダイナミック型 ●ドライバー:直径36mm ●出力音圧レベル:105dB/mW ●再生周波数帯域:15〜23,000Hz ●最大入力:100mW ●インピーダンス:30Ω ●質量(コード除く):80g

関連記事