任天堂、「ニンテンドーDSi」を発売 − SDカード対応、音楽再生機能やカメラも搭載

2008年10月02日
任天堂(株)は、携帯型ゲーム機「ニンテンドーDS」の新モデル「ニンテンドーDSi」を11月1日より発売する。価格は18,900円(税込)。カラーはホワイトとブラックの2色を用意する。

ニンテンドーDSi

ニンテンドーDSiを開いたところ

本体サイズはほぼそのままに、2つの液晶画面を3インチから3.25インチへ拡大。質量も約214gと軽量化した。なお、ゲームボーイアドバンスのソフトはプレイできなくなる。


各部の詳細
「ピクトチャット」のほか、「DSiカメラ」「DSiサウンド」「DSiショップ」「DSダウンロードプレイ」の本体内蔵ソフトが新たに追加された。これらのアプリはユーザーが追加することもできる。今後配布される「ニンテンドーDSiウェア」を有償ダウンロードすることで、ゲームソフトのほか、電卓などのアプリケーションを実装するなど、本体機能の拡張も可能だ。

内蔵ソフト「DSiサウンド」では、音楽再生機能を搭載。再生可能フォーマットはAACとなる。SDカードスロットからお気に入りの曲を聴くことができるほか、ボーカル音を消したりエコーをかけることなども可能。さらに、マイクでサンプリングした音を再生したり、リズムに合わせて音を重ねたりするなど、遊べる音楽プレーヤーとなっている。

本体外側とヒンジ部に30万画素のカメラを用意。「DSiカメラ」を使用して、通常の写真撮影機能に加え、顔合成などで遊ぶこともできる。撮影画像はDSi同士でワイヤレス通信交換できるほか、SDカードに保存して、携帯電話やPCでの閲覧も可能だ。

(Phile-web編集部)

関連記事