任天堂、DS/DS Lite用ワンセグアダプター「DSテレビ」を11月20日に発売

2007年10月25日
任天堂(株)は、ニンテンドーDS/ニンテンドーDS Lite用のワンセグ受信アダプター「DSテレビ」を11月20日に発売する。

DSテレビを使用しているイメージ写真

正面から見たところ

同社ホームページでのみ販売を行う。価格は6,800円で、税込、送料込み。11月8日より予約受け付けを開始する。なお、製品の細かな仕様については11月8日に明らかにするという。

DSカードスロットに差し込んで使用するワンセグ受信アダプター。アンテナは2本で、ダイバーシティー方式により受信感度を高めているものと思われる。

視聴時の画面イメージ

DSカードスロットにアダプターを挿入する

上画面に放送が表示され、下画面はチャンネル操作として使用するほか、タッチペンでメモを取ったり、字幕を記録したりすることなどが可能。アナログメーターを模した、受信電波の強度メーターなども用意されているようだ。

EPGやデータ放送など、細かな機能の有無については、前述したように11月8日に公表される。ただし、録画機能については搭載していないという。

DSテレビ本体のほか、DSテレビ専用カバー、DSテレビ専用外部アンテナが同梱される。専用外部アンテナは写真の2本のアンテナとは別のものとなる。

(Phile-web編集部)

関連記事