シャープ、CEATECの出展内容を発表 − 液晶テレビAQUOSやAQUOSブルーレイなどを展示

2008年09月25日
シャープ(株)は、9月30日〜10月4日に幕張メッセにて開催される「CEATEC JAPAN 2008」の同社ブース出展内容を明らかにした。

同社ブースはデジタルネットワークステージ「ホーム&パーソナルゾーン」に出展する。液晶テレビAQUOS、AQUOSブルーレイなどの製品のほか、同社のAV機器とパイオニアのカーナビゲーションシステムとを連携させたデモも実施する。

■AV関連商品コーナー
液晶テレビAQUOSのRシリーズ/Gシリーズ/Dシリーズなどの多様なラインナップを紹介

■AQUOSブルーレイコーナー
5倍の長時間録画時でも劣化が少なく、3倍モード時で音声データや番組連動データまで録れるAQUOSブルーレイの性能を分かりやすく展示

■環境先進企業ビジョン訴求コーナー
陽光発電による“創エネ技術”と、液晶やLEDによる“省エネ技術”による「CO2を増やさない生活」の実現に向けた取り組みについて紹介

■携帯電話・電子辞書 コーナー
タッチパネルケータイやAQUOSケータイ、ウルトラモバイルPCなどの特長的な端末を、体験型デモを通して紹介

■シャープ・パイオニア コラボレーション コーナー
両社の映像と音の最先端技術の融合による新しいAVの世界を提案するとともに、AQUOS、携帯電話とパイオニア製カーナビゲーションシステムとのシームレスな連携による、便利で快適なユビキタス生活の提案をデモを通じて紹介

シャープのCEATEC JAPANのイベントページはこちら

(Phile-web編集部)

関連リンク

関連記事