ヤマハ、欧州のAV専門誌50誌が加盟する「EISA AWARDS」にてS1000など2部門受賞

2008年09月09日
ヤマハ(株)は、欧州のAV機器専門誌50誌が加盟する「EISA」賞の2部門で「ベストプロダクト 2008-2009」を受賞したことを発表した。

「EISA」(European Imaging and Sound Association)は、欧州各国の代表的な映像音響機器関連の専門誌で組織される協会で、現在20ヵ国から約50誌が加盟している。

EISAが毎年開催する「EISA AWARDS」は、優れたAV機器を1ジャンルごとに1機種選出し、表彰するもので、欧州はもとより世界でも権威のある賞のひとつとして注目されている。


A-S1000

CD-S1000

S-SW700
同社は昨年度、Soavo1で受賞しているが、本年度はホームシアター・サブウーファーの部門において、先日日本で発表されたばかりの700シリーズのサブウーファー「NS-SW700」(製品データベース)が選出された。また2チャンネル・システム部門でもCD/SACDプレーヤー「CD-S1000」(製品データベース)、プリメインアンプ「A-S1000」(製品データベース)が選出され、2部門での受賞を果たした。

【問い合わせ先】
ヤマハ(株)AVお客様ご相談センター
TEL/0570-01-1808

(Phile-web編集部)

関連記事