ソニー、独自開発の地デジダブルチューナーを搭載した“テレビサイドPC”「TP1」を発売

2008年06月25日

“テレビサイドPC”「TP1」
ソニー(株)はPC“VAIO”の新モデルとして、新開発の小型地上デジタル放送ダブルチューナーを搭載した“テレビサイトPC”「TP1」シリーズを7月5日に発売する。

ラインナップは下記の通り。


VGX-TP1DQ/B

VGX-TP1D
<店頭販売モデル>
・「VGX-TP1DQ/B」(BDドライブ内蔵)/¥OPEN(予想実売価格200,000円前後)
・「VGX-TP1D」/¥OPEN(予想実売価格150,000円前後)

ソニースタイルではカスタマイズ対応のオーナーメードモデルも販売される。

<オーナーメードモデル>
VGX-TP1QS/¥99,800(税込)より

上位モデル「VGX-TP1DQ/B」は約500GBのHDDやDVDスーパーマルチ対応のBDドライブを搭載する。本体カラーはブラック。「VGX-TP1D」には約320GBのHDDが搭載され、記録ドライブはDVDスーパーマルチ対応。本体カラーはホワイト。CPUはともにCore 2 DuoプロセッサーT8100(2.10 GHz)、メモリーは2GBをプリセットする(最大4GB)。ワイヤレスLANは「EEE802.11 b/g」対応。OSはWindows Vista Home Premium SP1を搭載する。

独自開発の地デジ対応ダブルチューナーは、カードの表裏にチューナーを搭載することで、従来比約3分の1となるPCI Expressミニカードサイズを実現。これにより、地デジの2番組独自録画や録画時の裏番組視聴も楽しめる。

本機にはオリジナルのテレビ録画・視聴用アプリケーション「Giga Pocket Digital」が搭載されている。録画用には“おまかせ・まる録”や“シリーズ録画”などの便利な録画機能を採用する。再生時には、録画した番組のシーンごとにサムネイルを自動作成して、再生画面の下部に再生時間の経過にあわせてフィルムのように並べて表示する“フィルムロール表示”や、録画した番組の音声変化量を自動解析して、番組の盛り上がり部分を連続再生する“ダイジェスト再生”などが搭載されている。また本体ファームのアップデートによる「ダビング10」対応も予定されており、対応後はモバイル書きだし機能により、録画した番組をメモリースティックやSDメモリーカードに書き出して、PSPやワンセグ携帯電話などで楽しむこともできるようになる。

本体操作は付属のリモコンでの操作専用の画面も用意する。「Giga Pocket Digital」の起動やマウス・キーボード操作への切り替えもリモコンで行うことが可能だ。

テレビ番組の付帯情報との連携機能である、VAIO独自の“カタログビュー”も搭載する。これにより、番組のコーナー情報や、番組中に紹介された店舗や商品の情報がインターネットより手軽にアクセスして楽しめる。

外部ネットワーク対応機器との連携機能も充実させている。“ブラビアリンク”への対応により、テレビのリモコンからTP1に保存したコンテンツを操作することができる。また連携機能によるボタンひとつでの起動操作も可能だ。ネットワークソフトウェア「VAIO Media plus」も搭載しており、DLNA対応のPCやオーディオ機器などにも連携ができる。

【問い合わせ先】
ソニーマーケティング(株)買い物相談窓口
TEL/0120-777-886

(Phile-web編集部)
新着記事を見る
  • ブランドSONY
  • 型番VGX-TP1DQ/B
  • 発売日2008年7月5日
  • 価格¥OPEN(予想実売価格200,000円前後)
【SPEC】●OS:Windows Vista Home Premium ●HDD:約500GB ●ドライブ:BD/DVDスーパーマルチドライブ
  • ブランドSONY
  • 型番VGX-TP1D
  • 発売日2008年7月5日
  • 価格¥OPEN(予想実売価格150,000円前後)
【SPEC】●OS:Windows Vista Home Premium ●HDD:約320GB ●ドライブ:DVDスーパーマルチドライブ

関連記事