リコー、新画像エンジン搭載による高画質化を実現したコンパクトデジカメ「GX200」を発売

2008年06月24日

GX200
(株)リコーは、最新の画像エンジン「スムースイメージングエンジンIII」を搭載したコンパクトデジタルカメラ「GX200」を7月4日に発売する。

本機は着脱式の液晶ビューファインダーを搭載することができ、ビューファインダーを同梱したキットモデル「GX200 VF KIT」も発売される。価格はそれぞれオープンだが、キットモデルが80,000円前後、本体のみのモデルが60,000円前後で販売される見込みだ。

本体には有効1210万画素のCCDを採用。高画質エンジン「スムースイメージングエンジンIII」の採用と併せて、ノイズの少ない高解像な写真撮影を実現している。またレンズユニットも改良され、ゴーストの低減も図られている。レンズは35mm判カメラ換算値で、24〜74mm相当の焦点距離を実現。ズーム倍率は光学3倍。

本体には広視野角・高コントラストの2.7型46万画素の液晶ディスプレイを搭載したほか、脱着式の液晶ビューファインダーも採用する。撮影を補助する電子水準器も搭載している。

【問い合わせ先】
リコー お客様相談センター
TEL/0120-000475

(Phile-web編集部)
新着記事を見る
  • ブランドRICOH
  • 型番GX200
  • 発売日2008年7月4日
  • 価格¥OPEN(予想実売価格60,000円前後)
【SPEC】●カメラ部有効画素数:約1210万画素 ●撮像素子:1/1.7型原色CCD ●電源:リチャージャブルバッテリー×1、単4形アルカリ乾電池×2ほか ●外形寸法:111.6W×58.0H×25.0Dmm ●質量:約208g

関連記事