ビクター、H.264/MPEG-2両対応のビデオカメラ用LSIを開発

2008年06月09日

「ビデオカメラ用デュアルコーデック対応HD信号処理LSI」
日本ビクター(株)は、業界で初めて、H.264/MPEG-4 AVCとMPEG-2の2つのコーデックに対応した、ビデオカメラ用HD信号処理LSIを開発した。

同社では、H.264の画質と長時間記録、MPEG-2の安定性と編集性の高さを1つのLSIで実現することで、多様なユーザー環境に対応できるハイビジョンビデオカメラ開発が可能になる、と説明している。

本LSIでは、H.264記録時の画質を高めるため、コーデックアルゴリズムの最適チューニングを行い、低レート記録時の画質改善を実現。約5MbpsでのフルHD記録を可能にした。またMPEG-2記録では、約27Mbpsの高ビットレート記録に対応している。

さらにIDEやSDカード、USBなど、ビデオカメラに必須のインターフェースを装備。幅広い用途に対応できるという。

同社では本LSIを、画像処理エンジン「HDギガブリッドDuo」に搭載するとしており、今後、本LSIを搭載したビデオカメラEverioの発売が期待される。

【問い合わせ先】
日本ビクター株
コーポレート・コミュニケーション部
広報グループ
TEL/03-3289-7678

(Phile-web編集部)

関連記事