もっと使える!PS3のHDD− 第1回:“おでかけ動画”で楽しむ「ミニマムAVシアター」

2008年05月22日
「PLAYSTATION3」(以下 PS3)をお持ちの方々は、普段その数ある機能をどのように活用されているだろうか?ゲーム好きの方なら用途は明解だろうが、ふとAV機能に目を向けてみると、まだ未開の楽しみ方がPS3には数多くあるように思う。特にPS3に搭載されているHDDの使いこなし方については、「40GBもあるのに何に使えばいいのか」と、持て余されている方も多いように思う。


PLAYSTATION3
筆者もPS3を購入した当初はこのHDDの使い道について悩んだものだが、使い込んでいくうちに、PS3をAV機器としてもっと活用するため、HDDをもっと活用したAV視聴環境を構築してみたいと考えるようになった。今では、60GBのHDDはいつも満タンでパンク寸前だ。

「ミニマムAVシアター」と言ってしまうと大げさだが、要はレコーダーで録画した映画やアニメをSCEのゲーム機“PSP”用の動画に変換し、PS3のHDDに保存して楽しもうという試みである。今回はPSPで楽しむモバイル系シアターだけでなく、書斎や寝室でPS3を活用した映像ジュークボックス的な環境も提案してみたいと思う。

筆者はもともと大のゲーム好きだったのだが、デジタルレコーダーを使うようになってから、もっぱらテレビ視聴が生活の主になり、ゲームからはとんと遠ざかってしまった。ホントは熱中したいゲームが山ほどあるのだが、ハマってしまうと執筆活動に影響が出ることがわかっているので、敢えて手を出さないよう心がけている。

それでもPS3は仕事での取材用途にだけでなく、「BDプレーヤー」や「SACDプレーヤー」などの機能に魅力を感じ、プライベートでも活用している。ゲーム機として楽しむために買ったソフトは、結局「リッジレーサー7」と、発売1年後に中古で買った「機動戦士ガンダム ターゲット イン サイト」の2本だけ。あとはダウンロードしたゲームが1本という、かなりお粗末な履歴だ。ただ、まったくゲームをしていないかというとそうでもなく、恥ずかしながら「どこでもいっしょ」に登場するキャラクターの“トロ好き”なので、「トロ・ステーション」はできるだけ見るようにしている。

購入当初、AV機能の使い道をあれこれと考えていたとき、ソニーのBDレコーダー「BDZ-X90」をテストする機会を得た。BDZ-X90やBDZ-A70など、ソニーのBDレコーダーには、録画番組をSCEのゲーム機PSP用の動画として保存する「おでかけ転送」機能がある。レコーダーで作成した動画はメモリースティックに保存して、PSPで視聴したり、PS3に保存することもできるのだ。これは多少手間はかかるものの、けっこう使える楽しみ方だと筆者は考えている。


おでかけ転送機能を搭載する、ソニーのBDレコーダー「BDZ-X90」

おでかけ動画の視聴がPSPで楽しめる
筆者はデジタルWOWOWを契約し、フルHDで放送される映画や音楽のライブ番組を録画してはBDディスクに保存している。デジタルWOWOWのプログラムはとても充実しており、映画、ドラマ、スポーツ、アニメと、かなり貴重なコンテンツが目白押しで、「全部見られない!」と、うれしい悲鳴を上げるほどだ。さらに、HD放送時は1本の番組が高画質で放送されるが、SD放送の場合は同時に3番組を放送している点も見逃せない。

少し話が脱線するが、筆者はアナログWOWOWには興味がなかった。映画などが同程度の画質のDVDで売られているので、加入には踏み切れなかったことがその理由だ。しかし、デジタルWOWOWはBDレコーダーを購入するやいなや加入した。というのも、未だDVD化されていない映画や、1度しか放送されないライブ番組などが放送されており、これこそがBD録画の醍醐味と思い切ったのだ。

デジタルWOWOWで興味のある番組を全部録画していたら、時間がいくらあっても足りない。かといって、まだ高価なBDディスクに焼いていたらコストがかかりすぎる。そこで思いついたのが、PSP動画によるコンテンツコレクションだ。映画、海外ドラマ、アニメをPSP動画で録画し、それを一度メモリースティックに転送した後に、PS3のHDDに保存しアーカイブ化していく。レコーダーにはオリジナルコンテンツが「おでかけ中(HDD上で再生できない)」の状態で保存されているので、メモリースティックに移動したあとで、ファイルを消去していけば、レコーダーのHDDに空き容量を確保していくこともできる。


BDレコーダーからPSPへ動画をおでかけ転送する

メモリースティック経由でPS3内に動画をアーカイブ

録画したコンテンツはテレビで視聴したり、おでかけ転送して楽しめる。なお、HDDに保存されたデジタル放送の録画番組をおでかけ中に再生することはできない
PS3に保存したコンテンツは、出かける前にPSPを接続して見たいコンテンツを転送し、移動中にドンドン消化していく。画質のクオリティは落ちるものの、PSP動画に変換すれば2時間の映画を約800MB程度に圧縮できる。これがPS3のHDDを最大限に活用したAVライフの第1段階の提案だ。

「保存するだけならパソコンのHDDでもできるじゃないか」と思われるかもしれない。確かにパソコンにもPSP動画は保存できるのだが、この場合は著作権保護機能により、いったんPCに移動したPSP動画は、ファイル移動の際に使ったメモリースティックにしか戻すことができず、メモリースティックを挿入していない状態や、メモリースティックをフォーマットしてしまうと、パソコンに保存した動画が再生できなくなる。

一方、PS3はメモリースティックの著作権保護機能に対応しているので、異なるメモリースティックにも保存ができる。もちろんコピーワンスコンテンツなので、ファイルを移動すればPS3のHDD上からは消去されるが、複数のPSPで録画番組が楽しめるのだ。


PSP用の動画をPCにアーカイブしていくこともできるが、メモリースティックの著作権保護機能による視聴制限がかかる

PS3はメモリースティックの著作権保護機能に対応している。PS3に保存したおでかけ動画はテレビで視聴したり、複数台のPSPに持ち出して外出時にも楽しめる
このように使いこなして半年ほど経っただろうか。あっという間に60GBのHDDはいっぱいになってしまった。録画内容を確認してみると、ほとんどがデジタルWOWOWの番組だった。PSP動画は高画質モードで2時間の映画を約800GB程度に変換する。PS3のHDDの空き容量が50GB程度なら、約62本の映画が保存できる計算なのに、あっという間にHDDはパンク寸前だ。最近は遠方へ出かける取材も増えたので、行く先への移動時間内にかなりの番組を消化する予定だった。しかし、実際は移動中も仕事をする羽目になり、PSPの稼働時間は極めて少ない。録画番組はたまる一方だ。

PS3のHDDは、一般に販売されているSerial ATA対応の2.5インチHDDとの交換・増設が可能だ。現在使っているPS3のHDDを交換してしまうと、録画されているタイトルがどうなるか心配だったので、今回は清水の舞台から飛び降りるつもりで、もう一台PS3を購入することにした。ただ、現行モデルのHDDは40GBなので、筆者のような使い方をするにはやや心細い容量だ。せっかくならPS3のHDDを大容量録画仕様に改造してみようと考えた。そこで今回選んだのが、PS3での動作確認が行われているアイ・オー・データ機器の、320GBの内蔵型HDD「HDN-SA320H5」だ。現在Serial ATA対応の2.5インチHDDの最大容量は320GBである。

今回は初めてのHDD交換の機会なので、アイ・オー・データ機器におじゃまして、HDDの商品企画をご担当されている開発本部 ネットワーク&ストレージ開発部 ハードディスク開発課 企画担当 主任の北村泰紀氏に、PS3へのHDD増設のコツを伺ってみることにした。


(株)アイ・オー・データ機器 北村氏
━━現在PS3用として、交換用HDDをご購入される方は多くいらっしゃいますか?
北村氏:これまであまり多くはいらっしゃいませんでしたが、問い合わせをいただく機会はありました。今後はPS3の普及が進むにつれて、マルチメディア用途で使う方がいっそう増え、HDDの増設に目を向けていただく機会が増えるものと期待しています。

━━いわゆる「バルク品」と呼ばれる製品と、御社のように動作確認が行われている製品との違いはどこにあるのでしょうか。
北村氏:バルク品は動作保証がないので、希にPS3へ接続しても動作しないことがあります。当社のHDN-SAシリーズはすべてPS3に対応しているので、安心して選んでいただけます。

━━PS3のHDDを交換する際のコツはありますか。
北村氏:PS3のHDD交換はどなたでも簡単にできると思います。ただ、HDDを取り扱う際に「本体の上下厚み方向」で持つとディスクを傷めることがあるので、必ず本体の左右端を持って取り付け作業を行うよう心がけていただきたいと思います。

PS3のHDD交換を実践!

HDDが収納されているケースを

本体側面のパネルを開けるとHDDのスロットがあらわれる

ケースを取り出す


HDD本体とケースのネジ止めを外す

今回はI-Oデータの320GBの内蔵型HDD「HDN-SA320H5」に交換してみる

HDDをケースに取り付け、PS3に再び収納。これで交換作業は完了だ


ゲーム機のHDD交換という作業は、今まで経験したことがなかったので少し身構えていたたが、実際に行ってみるとあっという間に終わってしまった。PS3のHDDを活用する機会の多い方はチャレンジしてみるのも良いと思う。

今回はここまで。次回はHDDを増設したPS3の使い勝手を報告したいと思う。乞うご期待!

(レポート:鈴木桂水)


筆者プロフィール
元産業用ロボットメーカーの開発、設計担当を経て、現在はAV機器とパソコン周辺機器を主に扱うフリーライター。テレビ番組表を日夜分析している自称「テレビ番組表アナリスト」でもある。ユーザーの視点と元エンジニアの直感を頼りに、使いこなし系のコラムを得意とする。そのほかAV機器の情報雑誌などで執筆中。
>>鈴木桂水氏のブログはこちら

関連記事