三菱化学メディア、従来品約2倍の長寿命を実現したDVD-R“ARLEDIA”を発売

2008年02月28日

データ用1〜8倍速記録対応DVD-R“ARLEDIA”「DHR47HAD1」
三菱化学メディア(株)は、独自の「金銀反射膜」を使い、長期保存性能を向上させたデータ用1〜8倍速記録対応DVD-R“ARLEDIA”「DHR47HAD1」を3月下旬から発売する。

販売のパッケージ単位は1枚パック。価格はオープンだが600円前後で販売される見込みだ。

同社は昨今のデジタルカメラやビデオカメラの普及に伴い、大切な想い出や個人の作品として記録した写真データを、安全に長期間に渡って残しておきたいというユーザーのニーズに応えるべく、今回“長期保存に強いDVD-R”として本製品を開発したという。

シリーズ名であるARLEDIA(アルレディア)は、「Au/Ag Reflective Layered mEDIA」から命名されており、ディスクの反射膜に金(Au)と銀(Ag)を使った「金銀反射膜」を使った点が特徴。経年変化に強い金、ドライブ互換性能の高い銀、それぞれの長所を活かすことで、長期保存性能に優れながら汎用性の高いDVD-Rディスクを実現している。またディスクは反射膜の純金をレーベル面に透過させることにより、高級感のあるゴールドレーベルに仕上げられている。

記録層には同じく同社独自の素材であるAZO色素を使った「DYN-AZO(ダイン・アゾ)」を採用。光や熱に対する耐性が高く、繰り返し再生にも強いという特徴を備えている。本色素と金銀反射膜との組み合わせにより、ディスクの経年変化に対する耐性が高められており、同社が行った室温88度/湿度80%RH環境加速耐久性試験では、ARLEDIAが従来品の約2倍の長寿命性能を持つという結果が出ているという。

さらに記録面にもキズやヨゴレに強いハードコートを採用し、外傷によるディスクへのダメージも防いでいる。


光透過性の低い10mm厚の漆黒ケースを採用
ディスクを収納するケースにもこだわっており、盤の経年変化を加速させる太陽や蛍光灯などの光からディスクを守るため、光透過性の低い10mm厚の漆黒ケースを採用している。パッケージにはインデックスシールも付属する。

【問い合わせ先】
三菱化学メディア株式会社
カスタマーサービス室
TEL/0120-34-4160

(Phile-web編集部)
新着記事を見る
  • ブランド三菱化学メディア
  • 型番DHR47HAD1
  • 発売日2008年3月下旬
  • 価格¥OPEN(予想実売価格600円前後)

関連記事