米Wal-Mart、Blu-rayに一本化 − 6月までにHD DVDの販売終了

2008年02月16日

米Wal-Martは、今後数ヶ月でHD DVDの販売スペースを縮小し、6月以降はBlu-rayのみ販売を行うと発表した。

全米の4,000店におよぶ店舗とオンラインストアで、一斉にBlu-ray支持へ転換する。

今後もHD DVDの在庫品は販売を継続するが、30日以内にBlu-rayの販売スペースが優勢になるという。

米Wal-Mart ホームエンターテイメント部門バイス・プレジデントのGary Severson氏は、「消費者の声に耳を傾けてきたが、これまでの売り上げからみて、消費者は明確にBlu-rayを選択している」とコメントしている。

Wal-Martは世界最大の小売業者であり、その北米部門がBlu-rayに一本化したことの意味は極めて大きい。

(Phile-web編集部)

関連記事