パナソニック、コンパクト10倍ズーム“LUMIX TZシリーズ”の新モデルを発売

  • Twitter
  • FaceBook
2008年02月15日
パナソニックは、デジタルスチルカメラ“LUMIX”の新モデルとして、コンパクトズーム“TZシリーズ”の「DMC-TZ5」を3月14日より発売する。価格はオープンだが47,000円前後での販売が予想される。


DMC-TZ5(ブラック)

DMC-TZ5(シルバー)

DMC-TZ5(ブラウン)
本機は、2007年3月に発売された「DMC-TZ3」の後継モデルで、広角28mm/光学10倍ズームレンズを継承。CCDの有効画素数は、720万画素から910万画素に向上している。


3.0型モニターを搭載
TZシリーズへの要望が高かったという「おまかせiA(インテリジェントオート)モード」を新たに対応。カメラが被写体の顔の有無、距離などの情報から撮影状況に合ったシーンを自動で判別・設定し、手軽に撮影を楽しむことができる。また画像処理LSIには、「ヴィーナスエンジンIV」を搭載し、高画質、高速レスポンス、ノイズリダクション性能を実現している。

モニターは3.0型の大型液晶ディスプレイを採用。SDHC/SDカード、MMCカードに対応するほか、約50MBの内蔵メモリーを搭載している。

【問い合わせ先】
お客様ご相談センター
TEL/0120-878-365

(Phile-web編集部)
新着記事を見る
  • ブランドPANASONIC
  • 型番DMC-TZ5
  • 発売日2008年3月14日
  • 価格¥OPEN(予想実売価格47,000円前後)
【SPEC】●撮像素子:有効910万画素CCD ●レンズ:光学10倍ズーム ●液晶モニター:3.0型/46.0万画素 ●記録メディア:内蔵メモリー(12.7MB)/SDHC/SD/MMC ●電源:リチウムイオンバッテリー、ACアダプター ●外形寸法:103.3W×59.3H×36.5Dmm ●質量:約214g(本体)、約240g(撮影時)

関連記事