<CES2008:BELKIN> HD対応ワイヤレスAVトランスミッターを今夏発売

  • Twitter
  • FaceBook
2008年01月10日
BELKINは、国内では「PureAV」シリーズのAV/オーディオ用ケーブルを数多く発売しているが、CESの同社ブースには、ケーブルはほとんど展示されていない。ブースは非常に広いが、大まかに言ってその半分がiPodやホームソリューション関連、もう半分がネットワーク機器に割り当てられている。


ワイヤレスAVトランスミッター「FLYWIRE」

背面端子部。右端はヨーロッパなどで普及している21ピンの「SCART」端子

前からみるとこんな感じ。非常に薄く、スマートに設置が行えそうだ
ネットワーク関連で最大の注目機器は、北米で今夏発売予定のワイヤレスAVトランスミッター「FLYWIRE」だ。現地の説明員がさかんに「Wireless HD」と連呼するので、今春に松下電器やソニーなどが規格策定を行う「WirelessHD」規格にいち早く対応するのかと思いきや、よくよく聞いてみると、使用する帯域は5GHz帯。Wireless HD規格は60GHz帯を使用するので、別の方式だ。聞きそびれてしまったが、おそらくIEEE802.11nを使用しているものと思われる。

入力端子は、ビデオ/Sビデオ/HDMIが各1系統、RCA色差が2系統。

1080p映像を無線伝送することが可能で、受信部は壁掛けされたテレビの背面に装着していた。SDメモリーカードも内蔵している。価格は500〜600ドルと手頃で、日本での導入にも期待したい。


11nのワイヤレスルーターとワイヤレスUSBハブを一体化した「N1 VISION」
そのほか無線機器では、11nのワイヤレスルーターとワイヤレスUSBハブを一体化した「N1 VISION」などを展開。変わったところでは、水で洗えるマウスなども注目を浴びていた。


真ん中にある白い物体が「ROCKSTAR」。5台のヘッドホンに音を分配している
iPod関連アクセサリーも同社の得意分野の一つ。今回話題をさらっていたのは、DAPの音を5分配できる小型のアクセサリー「ROCKSTAR」だ。また、カリフォルニアに本社を構える同社らしく、iPodケースもスタイリッシュなデザインのものが多かった。

(Phile-web編集部・風間)

関連記事