<CES2008:B&W>本気か? B&WのiPodスピーカーが登場

2008年01月08日

B&Wブースの入口付近。ノーチラス技術を象徴するデザイン
B&Wが最高峰モデルを揃えてお出迎え、だけど

B&W(Bowers & Wilkins)はラスベガスコンベンションセンターSouthホール1Fに出展。多くのハイエンドピュアオーディオが、ベネチアン会場に集中する中にあってメイン会場に出展するとは、少し意外な感じもする。

メイン会場はまともな試聴環境も得られず、同じオーディオビジュアルでも、デジタル/アナログ、大/中/小企業が混在する百花繚乱。ハイエンドスピーカーで成功したブランドだけに堂々とメイン会場を選んだともいえるし、それほどCESに力を入れていないようにも見える。ベネチアンで来場者の細かな要求に応えなければならないほど困ってはいないということだろうか。

B&Wブースには来客用の小さなカウンターバーがあり軽食を出していた。そのコーナーを囲むようにフラグシップの揃い踏み。左から「Signature Diamond」「801D」「Nautilus」。しかも片チャンネルずつ・・・というのは、きっと作っている人間ならあり得ない並べ方だろうなぁ。イベント代理店の仕業か? 近くにはB&Wがジャガーと組んで開発した、B&Wのカースピーカー搭載コンセプトカーが鎮座している。

B&Wフラッグシップの揃い踏み。左から「Signature Diamond」「801D」「Nautilus」。しかも片チャンネルずつ・・・

B&Wの小型シアタースピーカーの展示


プレーヤーコントローラーを備えたホームシアターシステム

ホームシアターシステムのコントローラー部
B&Wの小型シアタースピーカーの展示は、「XT2」とサブウーファー「PV1」だが、特に説明書きもない。もうひとつのホームシアターシステムもXTシリーズを中心としたものだが、小さなディスプレイのついた筐体には「Bowers & Wilkins」の名前が入っている。プレーヤーコントローラーと思わしきものだ。メニューには「ドルビープロロジックII」のモードが表示されていた。


B&Wお前もか!

これほどまでにハイエンドで成功を収めたブランドでありながら、iPodにまで手を染めなければならない理由が見つからない。ハイエンドユーザーでiPodを持つ人はたくさんいると思うが、iPodスピーカーにまでB&Wを使いたいというオーナーはそんなに多いのだろうか?

B&W「Zeppelin」

B&W「Zeppelin(ツェッペリン)」を解説する


iPod接続クレードル部

外部端子部分
いずれにしても「Zeppelin(ツェッペリン)」という名のiPodスピーカーはすでに北米デビューを果たし、ブース内に大きくフィーチャーされていた。北米での価格は599ドル(約6万円前後)。説明員によると世界展開への準備中とのことだが、日本への予定は不明。「ハイファイ並みのクオリティを小さなパッケージで実現する」というセリフは、どこかのメーカーが何十年も言っていたセリフだ。

3ウェイ3スピーカー(ドライブ)方式で、貝のような形の外側からトゥイーター×2、ミッドレンジ×2、そして中央にウーファー×1という構成。リアにバスレフポートがあり、Dクラスアンプ(デジタルアンプ)で駆動する。映像の外部出力も備えている。騒々しい会場での音質は評価しがたい。

(AVレビュー編集部 永井)

関連記事