松下電器、4倍速記録対応の内蔵型BDドライブを発売

2007年10月17日

LF-PB271JD
松下電器産業(株)パナソニックマーケティング本部は、4倍速記録が可能な内蔵型BDドライブ「LF-PB271JD」を11月10日より発売する。価格はオープンだが、55,000円前後での販売が予想される。

本製品はシリアルATA接続のBDドライブで、対応OSはWindows Vista/XP。片面1層・2層のBD-R/-RE/ROMを始め、DVD±R/±RW/±R DL/-RAM、CD-R/-RW/ROMなどのディスク再生・書き込みも可能なスーパーマルチ仕様だ。新たに規格化された4倍速の追記型BD-Rにも対応し、4倍速での記録・再生ができる。なお、カートリッジタイプのディスクには対応しない。

AVCHD映像などを取り込みBDディスクに保存可能なビデオ作成ソフト「PowerProducer 4.3」や、ビデオ編集ソフト「PowerDirector 6.5」、BD/DVD再生ソフト「PowerDVD 7.3」などのソフトを同梱している。

【問い合わせ先】
P3カスタマーサポートセンター
TEL/03-3436-1888(土・日・祝日除く)

(Phile-web編集部)

関連リンク

新着記事を見る
  • ブランドPANASONIC
  • 型番LF-PB271JD
  • 発売日2007年11月10日
  • 価格¥OPEN(予想実売価格55,000円前後)
【SPEC】●インターフェース:Serial ATA(最大150MB/sec) (理論値) ●再生対応ディスク:BD-R(1層/2層)、BD-RE(1層/2層)、DVD±R/±R DL/±RW/RAM、CD-R/-RW、BD-ROM、CD-ROM、DVD-Video ●記録対応ディスク:BD-R(1層/2層)、BD-RE(1層/2層)、DVD±R/±R DL/±RW/RAM、CD-R/-RW ●消費電力:定格1.4A(+5V)/定格1.5A(+12V) ●外形寸法:146W×41.1H×190.0Dmm ●質量:約925g

関連記事