ボーズ、拳サイズの新スピーカー「M2」を発表 − 名機「M3」の高音質がより身近に

2007年09月27日
ボーズ(株)は27日、同社の秋冬新製品の発表会を開催し、アンプ内蔵コンパクトスピーカーの新製品「M2」を発表した。


M2(Bose Computer MusicMonitor)
本製品「M2(Bose Computer MusicMonitor)」は2006年3月に発売されたアンプ内蔵の超小型スピーカー「M3(Micro Music Monitor)」(関連ニュース)の兄弟機としてラインナップに加わるモデルだ。発売日は11月1日。


M2のデスクトップでの使用イメージ
価格は税込で39,480円となり、M3よりも約1万円安価な設定となっている。またM3が同社のダイレクト販売限定モデルなのに対して、M2はボーズ製品を取り扱う全国のショップで販売される。

M3からの最大の変更点は、電池駆動を省略し、AC電源に一本化したところにある。高音質なサウンドがポータブルでも楽しめるM3に対して、M3の優れたパフォーマンスを、デスクトップをはじめとした据え置き設置を中心に、より手軽な価格で実現できる点が本機の大きな魅力のひとつだ。


マスター側スピーカーの背面端子部

スレーブ側スピーカーの背面

リモコンのボタン配置がM3より若干変更されている
エンクロージャーはM3同様、質感のあるアルミ材を採用し、高剛性とスタイリッシュなデザインの両立を実現しているが、フィニッシュがM3よりもマット感の高い仕上げとなっている。カラーバリエーションもM3はシルバーとブラックを揃えるが、M2はシルバーのみとなる。付属するリモコンのボタン配置もM3から若干変更されている。また、アンプを内蔵しないスレーブ側(左チャンネル用)スピーカーのケーブルは脱着不可の固定タイプとなっている。


独自技術「ハイパーレゾネーター」を搭載

マスター側スピーカーに電源のON/OFF状態を表示するインジケーターを配置

本機の内部構造
その他、M3にも搭載されている同社の独自技術「ハイパーレゾネーター」やDSP回路、デジタルアンプなどの高音質化技術や、小音量時にも高品位なサウンドが楽しめるよう音響バランスを自動調整するP.A.P.回路は、M2にも同様に採用される。防磁型の50mmフルレンジドライバー1本によるユニット構成もM3と同様だ。

別売の本機専用キャリーケースは6,930円で近日発売を予定している。

本日開催された新製品発表会にはボーズ(株)代表取締役社長の佐倉住嘉氏が出席し、挨拶を行った。


新製品「M2」を片手に製品開発の背景を語るボーズ(株)佐倉住嘉氏
佐倉氏によれば、先日ボーズの米国本社も今年の秋冬新製品の発表会を米国で開催し、同社のアマー G.ボーズ博士が約5年ぶりに発表会場に出席し、その基調講演で特に熱弁をふるったモデルが「M2」だったという。

「M3」は、米ボーズ本社と日本のボーズ(株)の共同開発により誕生した製品だが、開発時に国内のチームがイニシアチブをとったことから、販売は日本が先行するかたちで昨年3月より開始されていた。今回「M2」が誕生したきっかけについて、「日本国内でM3の評価がとても高いことをボーズ博士が知り、“これをなぜ米国で扱わないのか?”と疑問を発したことから商品化の計画が持ち上がった」と佐倉氏は説明する。米国で商品化する際の課題は「製品の価格を100ドル下げること」だったというが、「エンジニアたちの努力の甲斐もあり、開発をスタートさせてから8ヶ月という短期間で、M3のパフォーマンスが手軽に楽しめるM2が誕生した」と佐倉氏は述べた。

M2の発売後も、M3は継続して販売が行われる。佐倉氏は「M3はサウンドエンジニアの方々など、プロの現場でとても評価の高いモデルなので、今後もぜひ力をいれて販売を行っていきたい。それぞれの使い分けを楽しんでいただきたい」と締め括った。

【問い合わせ先】
ボーズ・インフォメーションセンター
TEL/0120-039-780

(Phile-web編集部)
新着記事を見る
  • ブランドBOSE
  • 型番M2(Bose Computer MusicMonitor)
  • 発売日2007年11月1日
  • 価格¥39,480(税込)
【SPEC】●形式:アンプ内蔵スピーカーシステム ●ユニット構成:50mmフルレンジドライバー(防磁型)×1 ●定格出力:20W×2 ●入力端子:3.5mmステレオミニジャック×1 ●電源:AC100V(50/60Hz) ●消費電力:16W ●外形寸法:65.0W×122.0H×123.0Dmm ●質量:0.6kg(右)、0.5kg(左、スピーカーケーブル含む) ●カラー:シルバー

関連記事