KDDI、2GBメモリ内蔵の“ウォークマンケータイ”など夏モデル15機種を発表

2007年05月22日
KDDIは本日、2007年夏モデルとして15機種を発表した。発売は6月上旬より順次行われ、価格は全てオープン。15機種のうち7機種がワンセグやデジタルラジオ、新機能の「Touch Message」などに対応する。また、「ウォークマンケータイ」の新モデルなど2機種も発表された。ラインナップは以下のとおりだ。

型番 メーカー ワンセグ デジタルラジオ

Touch Message

W53SA 三洋電機 -
W52CA カシオ -
W54T 東芝
W52H 日立
W52SH シャープ -
W53T 東芝 -
W52SA 三洋電機 -
W52S ソニー・エリクソン - -
W53CA カシオ - -


<ウォータープルーフ・ワンセグケータイ>
■W53SA カラー:ジャスミンホワイト/ライラックピンク/カメリアレッド

W53SA
約2.6インチ、WQVGAの液晶ディスプレイを搭載。IPX5、IPX7相当の防水性能を実現しており、バスルームやキッチンなどの水回りでも利用が可能だ。

ワンセグの録画予約やタイムシフト再生、番組のジャンルに最適な音声や画質を選択できる「シーンセレクト」機能などを搭載している。

■W52CA カラー:コライユグリーン/プラージュホワイト/パルミエブラウン

W52CA

水を掛けるデモが行われていたが全く動作に問題はなかった

約2.6インチ、WQVGAの液晶ディスプレイを搭載。IPX5、IPX7相当の防水性能により、バスルームやキッチンなどの水回りでも利用が可能だ。防水性能を備えながら2軸ヒンジ構造を実現した。

ワンセグの録画予約や、着信やメール受信時などでも録画を継続できるバックグラウンド録画に対応している。さらに、録画番組を音声付きの1.3倍速で再生する「音声付時短再生」機能や、ワンセグ視聴中に着信があっても通話終了後自動的にタイムシフト再生が行われる機能などを搭載する。

また、画像シーンに最適なコントラストに調節し、階調豊かでダイナミックな画像に補正する「ヒストグラム伸張型ガンマ補正」などの高画質エンジンを採用している。

<ハイパフォーマンス・ワンセグケータイ>
■W54T カラー:ブラッシュドメタル/ブラックローズ/マラカイトグリーン

W54T

au初となるステンレス素材を採用したボディに約3インチ WVGA液晶ディスプレイを搭載。東芝の液晶テレビ「REGZA」やAVパソコン「Qosmio」と同じ技術を使用し、肌の色など、人間が記憶の中で思い起こす「記憶色」に基づいた画質のチューニングを行っている。また、高度な3D処理能力を持つグラフィックエンジン「T5GP」を搭載しており、「3Dナビ」機能や3Dアプリを快適に使用できるという。

有効画素数324万画素 手ぶれ軽減機能付きのカメラを搭載。広角28mmレンズ(35mmフィルム換算)を搭載し、ワイドアングルでの撮影が可能だ。撮影した写真や動画は付属のTV出力ケーブルを使用し、外部ディスプレイに映し出すことができる。

■W52H カラー:フレスコオレンジ/レリーフブラック/グレイズシルバー

W52H

日立の液晶テレビ「Wooo」の映像技術を投入した約2.9インチのIPS液晶を搭載。画質処理エンジン「Picture Master for Mobile」を搭載するほか、「ヒストグラム伸張型ガンマ補正」「光センサー連動ガンマ補正」により、屋外でも美しいワンセグ映像を楽しめるという。

大容量バッテリーを搭載し、約28時間の連続音楽再生、7時間のワンセグ視聴が可能だ。
ワンセグの録画予約に加え、着信やメール受信時でも録画を継続できるバックグラウンド録画に対応している。

また、録画番組を音声付きの1.3倍速で再生する「音声付時短再生」機能や、ワンセグ視聴中に着信があっても通話終了後自動的にタイムシフト再生が行われる機能などを搭載している。

<スリムワンセグケータイ>
■W52SH カラー:グレシャスブラック/ロージーレッド/インテリジェントホワイト

W52SH

シャープの液晶テレビ「AQUOS」の技術を用いた約2.8インチ WQVGAのモバイルASV液晶ディスプレイを搭載。映像をより鮮やかにする「SV(Super Vivid)エンジン」や、「6色カラーフィルタ」「色飛び抑制機能」を搭載し、ワンセグやLISMOビデオクリップなどを高画質で楽しむことができるという。

ワンセグのEPG予約録画のほか、スケジュールやショートカット機能からの予約機能も搭載した。

■W53T カラー:ピンクサファイア/ブルートパーズ/ブラックダイヤモンド


W53T
約2.8インチ WQVGA液晶ディスプレイを搭載。東芝の液晶テレビ「REGZA」やAVパソコン「Qosmio」と同じ技術を使用し、青い空や肌の色など、人間が記憶の中で思い起こす「記憶色」に基づいた画質のチューニングを行っている。また、表面の強化ガラスと液晶パネルを密着させることで光の乱反射を抑え、自然光の下でも見やすいクリアスクリーンを採用している。

約18.0mmのスリムな回転2軸ボディを実現。液晶面が上になるよう回転させ閉じるだけでワンセグビューアーが起動する。ワンセグの録画予約や、録画中の通話やメールの着信にも対応している。

また、高度な3D処理能力を持つグラフィックエンジン「T5GP」を搭載しており、「3Dナビ」機能や3Dアプリを快適に使用できるという。

■W52SA ライトブルー/フィールブラック/クラスターシルバー


W52SA
ソリッド感を強調した18.7mmのボディを実現。ディスプレイは約2.8インチ、WQVGAので、視野角170度のISP液晶を搭載している。

ワンセグの録画予約やタイムシフト再生に対応。また、「シネマ」「ダイナミック」など、番組ジャンルに最適な音声や画質を調整できる「シーンセレクト」機能を搭載している。

その他、最大約24時間録音できるICレコーダー機能などを備えている。

■“ウォークマンケータイ”W52S カラー:アルペジオブルー/ピチカートピンク/ハーモニクスホワイト

“ウォークマンケータイ”W52S
「ウォークマンケータイ」の新モデル。ソニーの液晶テレビ「BRAVIA」の技術を応用した画質補正技術「RealityMAX」を採用した、約2.7インチ フルワイドWQVGA液晶を備えている。

約2GBの内蔵メモリに、約1,300曲を保存することが可能だ。連続音楽再生時間は最大約110時間。また、FMトランスミッターを備え、ケータイに保存した音楽データをカーステレオなどで楽しむこともできる。

音楽専用の「ミュージックキー」を搭載。ミュージックキーを押すだけで、他の操作中でも簡単に音楽再生を開始することが可能だ。音楽の再生/停止をはじめ、早送り/巻き戻しやボリューム調整なども片手で操作することができる。

ソニーの高音質技術「クリアオーディオテクノロジー」に加え、音質向上技術「DBEX」を採用。背面には3Dサラウンドスピーカーを搭載し、迫力のサウンドを楽しむことが可能だ。また、13.5mmのドライバーユニットを搭載した、ソニー製インナーイヤーヘッドホンを付属する。

■“EXILIMケータイ”W53CA カラー:フレアレッド/アイリスホワイト/ベールブラック


“EXILIMケータイ”W53CA

“EXILIM”デジカメに通ずるディティールを持つことが分かる
約2.8インチ、WVGAの液晶ディスプレイを搭載。背面に備えた広角28mm、有効画素数515万画素のカメラには、カシオのデジタルカメラ「EXILIM」の撮影技術をケータイ向けにカスタマイズした画像処理プロセッサー「EXILIMエンジン for Mobile」を採用している。

縦・横・回転ぶれを補正する「6軸手ぶれ補正」や、高感度・高速撮影による手ぶれ、被写体ぶれの軽減に対応。さらに、肌色などを自動的に鮮やかに補正する「記憶色補正」や、「ベストショット機能」、撮影時に広い範囲でピントが合う「9ポイントオートフォーカス」などの機能を搭載し、高画質撮影を実現する。

発表会の模様や、今回発表された新しい機能やサービスについては別項でお伝えする。

(Phile-web編集部)

関連記事