iriver、4GBメモリーを搭載した乾電池タイプのDAP新モデルを発売

2007年04月09日

F700(シャイニーブラック)

F700(ライトシルバー)
(株)iriver japanは、デジタルオーディオプレーヤー“iFP700シリーズ”の後継機種として、4GBのメモリーを内蔵した新モデル「F700」を4月9日より発売する。価格はオープンだが、同社直販サイト「iriver eストア・アイリバーゾーン」では22,800円(税込)で販売される。

本機は、2004年4月に発売されたiFP700シリーズの内蔵メモリーを容量アップさせた後継モデル。4GBのメモリーを搭載し、MP3、WMA、OGGの再生に対応する。

電源に単三乾電池を採用しており、電池1本で最大約40時間の連続再生が可能だ。また、ダイレクトエンコーディング機能を搭載しており、オーディオ機器やマイクから入力した音声、受信したFMラジオなどを録音して楽しむことが可能だ。

電池の重量をあわせて約60gという軽量、コンパクトな本体デザインも特徴だ。

【問い合わせ先】
アイリバー・ジャパン サポートセンター
TEL/0570-002-220(ナビダイヤル)

(Phile-web編集部)
新着記事を見る
  • ブランドIRIVER
  • 型番F700
  • 発売日2007年4月9日
  • 価格¥OPEN(直販サイト価格22,800円)
【SPEC】●内蔵メモリ:4GB ●インターフェース:USB2.0 ●対応ファイル形式:MP3、WMA、Ogg Vorbis ●電源:単三アルカリ電池1本 ●外形寸法:約87×32×26.7mm ●質量:約40g(電池除く)

関連記事