リンクス、DVD±R DLの記録に対応したPC内蔵型DVDドライブを発売

2007年04月02日

LH-20A1S-16
(株)リンクスインターナショナルは、LITEONブランドのPC内蔵型DVDドライブ「LH-20A1S-16」を4月7日より発売する。価格はオープンだが5,980円前後での販売が予想される。

DVD-RAMやDVD-R DL、DVD+R DLなどの読み書きに対応した“DVDハイパーマルチドライブ”。書き込みは、DVD±R20倍速、DVD-RAM12倍速、DVD±R DL8倍速、DVD+RW8倍速、DVD-RW6倍速、CD-R48倍速、CD-RW32倍速に対応している。

本機は、メディアに合わせて記録速度を自動調整する「SMART-BURNテクノロジー」、音楽CDの読み出し速度を調節しエラーを抑える「SMART-X」、記録しながらメディアの状態をチェックしレーザー出力を調整する「ランニングOPC」などの独自機能を搭載。振動吸収システムにより安定した高速書込を実現しているという。

【問い合わせ先】
(株)リンクスインターナショナル
TEL/03-5812-5820

(Phile-web編集部)
新着記事を見る
  • ブランドLITEON
  • 型番LH-20A1S-16
  • 発売日2007年4月7日
  • 価格¥OPEN(予想実売価格5,980円前後)
【SPEC】●インターフェイス:S-ATA(シリアルATA) ●対応OS:Windows 2000/XP ●書き込み対応メディア:DVD-RAM、DVD+R DL、DVD-R DL、DVD+R、DVD-R、DVD+RW、DVD-RW、CD-R、CD-RW ●外形寸法:145W×41.3H×170Dmm ●質量:0.9Kg

関連記事