独自アルゴリズムで忠実なデータ読み取りを実現

パイオニア、高読み取り性能/再生能力を備えたスリムDVD/CDライターを発売

Phile-web編集部
2009年04月23日

DVR-XD08
パイオニア(株)は、PC用ポータブルDVD/CDライター「DVR-XD08」を5月上旬より発売する。価格はオープンだが、14,500円前後での販売が予想される。なお販売元は(株)エスティトレード。

対応OSはWindows Vista/XPで、インターフェースはUSB2.0。マルチエフェクト液晶補正機構を採用した新設計のスリムドライブを使用することで、150.3Wx18.9Hx161 Dmm、360gというコンパクトサイズながら、高いディスク読み取り/再生能力を持っているのが特長だ。

まず読み取り時は、独自のアルゴリズムを使用した「PURE READ(原音再生)」機能により、読み取りパラメーターを変化させながらリトライを行う。これによりデータ補完の発生頻度を抑え、オーディオCDの音楽データをより忠実に読み取ることができるという。また、キズや指紋、汚れのついたディスクなどでも再生できる可能性を高める「PowerRead」機能をスリムドライブとして初めて搭載した。

豊富なバンドルソフトも同梱。SD映像を1080p/60fspにアップスケーリングする「True Theater」機能を備えた「PowerDVD」や、パソコンの画像/映像管理ソフト「Medi@Show v4」、ライティングソフト「InstantBurn v5」などを用意している。

【問い合わせ先】
(株)エスティトレード
TEL/03-3206-0678

関連記事