米アップル、iPod機能を搭載した携帯電話「iPhone」を発売

2007年01月10日

「iPhone」Widget一覧表示画面

約1.2mmという薄型ボディも特長
米Appleは、iPod機能やインターネット機能を備えた携帯電話「iPhone」を北米市場において2007年6月より発売する。4GBモデルと8GBモデルの2機種をラインナップし、価格はそれぞれ$499、$599。

本機は、OS Xを搭載しiPod機能などを備えた携帯電話。320×480ドットの3.5型タッチパネルディスプレイを搭載している。操作ボタンなどは装備せず、各種操作にはタッチパネルを使用する。


センサーにより縦/横表示を自動切り替え
iPod機能では、通常のiPod同様に音楽ファイル、動画ファイル、PodCast、静止画などの再生が可能。パソコン内のiTunesライブラリーから各種コンテンツを転送することで再生を行うことが可能だ。

インターネット機能では、WebブラウジングやEメールを楽しむことが可能。Webブラウザーは「Safari」、メールソフトは「Mail」を搭載しており、文字入力はソフトウェアキーボードを使って行う。

また本機は、MAC OS Xが搭載する「Widget」機能を搭載。メモ機能、天気予報表示、計算機機能、地図表示機能などは、各機能を備えたWidgetを使用して行う。デジカメ機能や写真閲覧機能も、Widget機能の1つとして用意されている。

本体には閲覧している方向を検知するセンサーを搭載しており、縦/横に持ち方を変えた際に自動で表示方向を変更するといった機能も搭載している。

(Phile-web編集部)

関連記事