東芝、初の記録型HD DVDドライブを出荷開始

2007年01月05日

SD-H903A
(株)東芝は、初めてHD DVD-Rの記録再生に対応したデスクトップPC内蔵型のHD DVDドライブ「SD-H903A」のサンプル出荷を1月より開始する。

本機は、シリアルATAインターフェースを採用したPC内蔵型ディスクドライブ。HD DVD-R(1層/2層)への等倍記録再生が可能なほか、HD DVD-ROMの2.4倍速再生に対応する。

また、各種DVD、CDへの記録再生にも対応。HD DVDを含めた各ディスクの記録再生を、対物レンズ1つの光学ピックアップヘッドで実現しているのが特長だ。

【問い合わせ先】
(株)東芝
ストレージデバイス事業部
光ディスク装置企画部
TEL/044-543-2615

(Phile-web編集部)
新着記事を見る
  • ブランドTOSHIBA
  • 型番SD-H903A
  • 発売日2007年1月
【SPEC】●記録ディスク:HD DVD-R SL(1倍速)、HD DVD-R DL(1倍速)、DVD-RAM(3倍速)、DVD-R SL(8倍速)、DVD-R DL(2.4倍速)、DVD-RW(4倍速)、DVD+R SL(8倍速)、DVD+R DL(2.4倍速)、DVD+RW(4倍速)、CD-R(16倍速)、CD-RW(4/10倍速) ●再生ディスク:HD DVD-R SL/DL(1倍速)、HD DVD-ROM(2.4倍速)、DVD(8倍速)、CD(24倍速) ●インターフェース:シリアルATA ●バッファ容量:8MB ●外形寸法:146W×41.5H×184Dmm ●質量:830g

関連記事