Senka21「2007業界展望」メーカーアンケート − カシオ計算機編

2007年01月02日
お客様の使う立場に立ち、ライフスタイルを創造できる新規ジャンルのデジカメを提案


カシオ計算機(株)国内営業統轄部 QV推進部 部長 小俣 肇氏


−市場を取り巻く環境が日々激しく変化していく中で迎えた2007年は、ユーザーのライフスタイルやその消費行動、価値観において、どのような変化があると考えるか

団塊世代の引退により、経済的にも時間的にも余裕を持った層の登場が本格的になり、人々の購買行動も「機能的な優位性」や「数字上の優劣」といった数値化できる要素よりも、「満足感」や「充実感」といった感覚的な要素の占める割合が増えてくると思われる。

また、デジタルカメラのマーケットにおいても、「ローエンドエントリーモデル」から「ハイスペック一眼レフ」まで、様々な商品が登場している。さらに、コンパクトながら高画素といった従来では想定していなかったジャンルへのさらなる多様化も進んでいる。

私どもメーカーとしても、時代の変化を常に精査しながら、「さらに使いやすい商品」や「新しい価値の創造」を今後とも追及していきたいと考えている。

−2007年の御社の事業展開の中心となる商品ジャンル、そこでの需要喚起、市場創造へ向けての取り組みについて、どのような提案・展開を行っていくか

国内のデジタルカメラ市場は、成熟・多様化が進むものと考えられる。

その中で、06年にEXILIM(エクシリム)シリーズでは、スタイリッシュなコンパクトなボディの中に、コンパクトカメラ初の1000万画素CCD搭載というコンセプトにてEX-Z1000という商品を発売した。

本製品は、他社との明確な差別化を図るとともに、「手軽にきれいな写真を残したい」というお客様のご要望とも合致し、コンパクトカメラの新しい可能性を創出してきた。

07年においても、「使う立場に立った商品・機能」および「特徴ある機能・性能」にて、デジタルカメラの概念にとらわれない、新しいライフスタイルを創造するような新規ジャンルの提案を展開していきたいと考えている。

(Senka21編集部)

関連記事