「PS3」新旧対決! − システムソフトVer1.30で画質はどう進化したか

2006年12月08日
BDプレーヤーとしても快進撃を続けるPLAYSTATION3に、BDリモートコントローラー発売とシステムアップデートのニュースが飛び込んできた。BDリモコンへの対応のほか、画質にも手が入れられているという新システムソフトウェアの実力を検証してみよう。

テストには2台のPS3を使用。上がVer1.30、下がVer1.11のシステムソフトウェアとなっている

テストは音元出版視聴室で行った

●AV機器の操作感を実現するBDリモートコントローラ

まずは、12月7日に発売されたPS3周辺機器の「BDリモートコントローラ」を使ってみよう。セットアップの際は、システムソフトウェアを最新の1.30に更新する必要がある。システムソフトウェアの更新はPS3をインターネットに接続していればメニューから簡単に選んで実行でる。あとは周辺機器設定からBDリモートコントローラを登録すればセットアップ完了だ。

発売されたばかりのBDリモートコントローラ

[周辺機器設定]から、Bluetooth機器としてBDリモコンを登録する

BDリモートコントローラを使った操作感は、ボタンにコントローラと同じ○×△□が表記されおりメニュー操作などの使い勝手は基本的に同じ。PS3のメニューで採用されているXMBもBDリモートコントローラから操作できる。BDプレーヤーの操作は早送りや巻き戻しなどがボタンとして独立しており、よりAV機器に近い操作感になる。コントローラーは両手で持つのが基本となるのに対して、BDリモートコントローラは片手で使えることもメリットの一つだ。ちなみにPS3との接続はBluetoothで行われるため、リモコンの向きを気にせず使用でき快適だ。

●新PS3×旧PS3で画質対決!

今回のシステムソフトウェアの更新のもう一つの注目ポイントが、BDをHDMI端子から出力する方式に従来の「R/G/B」に加えて「Y/Pb/Pr」が追加されたということだ。一般的なテレビの映像信号は「Y/Pb/Pr」で処理することが多く、PS3側の出力が「Y/Pb/Pr」に対応したことで変換を避けられるため、画質が向上する可能性がある。

Ver1.30では、BD再生時に、HDMIからY/Pb/Prの出力ができるようになった

今回はこのシステムソフトウェア更新による画質の違いを検証するため、2台のPS3を用意して比較検証を行った。新PS3のバージョンは1.30、旧PS3のバージョンは1.11である。新PS3はHDMI出力をY/Pb/Prとした。旧PS3は設定項目がないので、RGBで出力される。

新PS3のバージョンは1.30

旧PS3のバージョンは1.11

組み合わせたディスプレイは「KDL-40X2500」(製品データベース)で、HDMIの1080pで接続している。視聴は20世紀 フォックス ホーム エンタテイメントの『キングダム・オブ・ヘブン』を2枚使用した。

BDリモコンを片手に画質をチェックする折原氏

2台のコントローラーを同時に操作し、新旧PS3のフレームをきっちり合わせて画質評価

2枚の『キングダム・オブ・ヘブン』を同時再生

さて、気になる再生した映像の違いだが、同一シーンを両機で繰り返し視聴しても今回の環境で見たところ違いはさほど大きくない。今回重点的にチェックしたのが『キングダム・オブ・ヘブン』のチャプター5、鍛冶のシーンで屋根の裏側の階調や炎の色合い、チャプター12の引いたカットで海美しさ石造りの建造物の質感などで、同一シーンを見比べるとバージョンアップ後の映像の方が僅かに色味が深くしっとりしたようだが、それも何度見比べてもようやく分かるかどうかといった程度。視聴を重ねながら編集者と意見を交わしたが、顕著な違いは見られなかった。

チャプター5のシーン(バージョン1.30)

同じくバージョン1.11。色味はほとんど変わらない


チャプター12(バージョン1.30)

チャプター12(バージョン1.11)

●画質はほとんど変わっていないが…

今回のテスト結果は大きな期待をしていただけに、やや拍子抜けといった感もあるが、それだけPS3の「R/G/B」で出力する際の画質がしっかりと作り込まれている証拠とも言えるだろう。また、組み合わせる機器によっては、今回のアップデートで画質が顕著に向上する場合もあるだろう。また、こういった画質向上の取り組みを継続的に行い高画質を追求する姿勢は高く評価したい。

●次回は再びBD再生画質対決!

システムソフトウェアのアップデートを経たPS3に、BD再生画質を問う新たな刺客が訪れる。次回は遅れてやってきた、あのBDレコーダーとの画質比較を掲載する予定だ。乞うご期待!

(折原一也)

関連記事