PS3がサポートする謎のフォーマット「SACD HD」とは?(情報追加)

  • Twitter
  • FaceBook
2005年05月17日
本日、(株)ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCEI)が発表した次世代ゲーム機「PS3」のスペック欄に、「SACD HD」というフォーマットが記載されている。

対応ディスクフォーマット欄を見ると、SACD Hybrid(CD層)、SACD HDという2つのフォーマットをサポートすることが記されている。だが、この名称のフォーマットは現段階で発表されていない。

PS3にはBlu-ray Discドライブが搭載される。このため、SACDフォーマットのデータをBlu-ray Discに記録する新規格なのでは、という推測が成り立つ。そうなれば、従来のDVDよりはるかに記録容量が大きいため、超ハイサンプリングレートでのマルチチャンネル収録など、音質がさらに向上することも期待できる。

編集部では、現在「SACD HD」の情報を調査中だ。詳細が明らかに次第ご紹介していきたい。

--

数時間後、SCEIから、この件に関して「『SACD HD』という表記は、SACDのHD層が再生できるという意味で使用した。つまり、SACDのシングルレイヤー、デュアルレイヤー、ハイブリッドの3タイプのディスクがすべて再生できるということだ。SACD HDという新規格が登場するわけではない」との回答が寄せられた。ただし、「発売まで時間があるので仕様は変更される予定がある」とのこと。

編集子もSACDにHD層という名称が使われていることは知っていた。「SACD Hybrid(CD層)」という表現と並記するなら、「SACD(HD層)」と記載するべきとも思うが、ゲーム関連会社であるSCEIの、オーディオ専用規格への不慣れさによるものかもしれないと考えると微笑ましい。

残念ながら新規格が登場することはなさそうだが、それでも数百〜数千万台の普及が見込まれるゲーム機が、SACD再生に対応するというのは快挙と言えそうだ。

(Phile-web編集部)

関連記事