ボーズ、“小音量専用”の天井埋め込みスピーカー

2005年04月20日
175AP
ボーズ(株)は、店舗用の天井埋め込みスピーカー「175AP」を5月下旬より発売する。価格は18,900円(1本・税込)。

同社では、店舗で使用される音量が非常に小さいため、従来のスピーカーでは能力を十分に発揮できていなかったと判断。本機は、小音量再生時に、人間の聴感上バランスのとれた音質にするべく開発された。

技術のハイライトは、特許申請中という独自技術を採用した、パッシブ・ダイナミックEQ。これにより小音量でも高品位な音質が可能になった。

ユニットは5.7cmのフルレンジドライバー。小型ドライバーの特性を活かし、広指向特性でカバーエリアに均一な音場を再生する。

取り付けの簡便性にも注力した。独自機構の採用で、φ175mmの穴を開け電動ドライバーで2本のネジをまわすだけで、自動的にフラップが天井ボードを挟み込んで取り付けが完了する。

(Phile-web編集部)
新着記事を見る
  • ブランドBOSE
  • 型番175AP
  • 発売日2005年5月下旬
  • 価格\18,900(1本・税込)
【SPEC】
●ユニット構成:5.7cmフルレンジドライバー×1(1本) ●再生周波数帯域:80Hz〜17kHz ●インピーダンス:8Ω ●感度:82dB SPL ●入力端子:スナップイン・ターミナル ●外形寸法:<本体>φ205×113.5(D)mm <グリル>φ176×5(D)mm ●開口寸法:φ175mm ●対応板厚:40mm以下 ●質量:0.93kg

関連記事