三洋、コンパクトSDデジタルムービーカメラ「Xacti」の新製品を発表

2005年03月01日

Xacti DMX-C5

三洋電機は新製品の発表会を開催した
三洋電機(株)は、SDメモリーカードに動画が記録できる、コンパクトタイプのデジタルムービーカメラ「Xacti」シリーズの新製品「DMX-C5」を発表した。発売日はカラーバリエーションごとに異なり、シルバーが3月25日、ホワイトとブロンズが4月8日となる。価格はいずれも75,600円(税込)。

本製品では、部品基板実装面積を約40%削減し、世界最薄・最小・最軽量を実現したコンパクトボディが特徴だ。レンズとグリップに角度を設けて自然な撮影ポジションを実現する「エルゴノミクス・スタイル」は従来のモデルを踏襲しながら、新たにグリップ部にはエッジ感のあるカッティング・エッジ・デザインが採用されている。

レンズには新開発の5倍ズームレンズを採用。非球面レンズを3枚5面使用して、2群ズームユニットに高屈折ガラスを採用することで、ズームストロークを短縮し、光学性能確保のため後群にレンズ3枚を使用するなど、全長の短縮と性能向上を併せて図っている。

高画質の動画と静止がを実現するCCDと新高速エンジンを搭載。静止画撮影時には500万画素を実現している。また独自の手ぶれ補正技術により、コンパクトボディながら安定感のある撮影が行える。本体カラーはラグジュアリーシルバー、ノーブルブロンズ、マニッシュホワイトの3色。


三洋電機(株)井植敏彰氏
本日三洋電機が開催した新製品発表会には、同社常務執行役員コンシューマ企業グループコンシューマ営業本部本部長の井植敏彰氏が登壇し挨拶を行った。新しいXactiシリーズでは、優れた機能と使いやすさに加えて、「家電としてお客様により楽しんでいただける要素は何かを考え、所有する満足を感じていただけるようなファッション性、デザイン性を重視した」と語った。同社としては動画の記録メディアとして今後、テープからメモリーカードへの移行が進むと予測を示す。本機は25歳から30歳代のユーザーをメインターゲットにし、手軽なムービー撮影の楽しさを訴求していく考えを明らかにした。


レーシングドライバーの片山右京氏
本日の発表会には、Xactiシリーズの愛用者であるレーシングドライバーの片山右京氏も駆けつけた。レーシングドライバーとしてだけでなく、登山家としても活躍される片山氏は、世界各国に足を運ぶ際に必ずXactiを片手に持ち歩き、様々なシーンを撮影しているという。「一年中毎日が冒険といえるライフスタイルを送っていますので、大切なシーンで夢のある写真を手軽に撮れるXactiは僕にとって欠かせません。これからもXactiと一緒に、様々な挑戦をつづけたいと思います」とコメントした。

【問い合わせ先】
三洋電機(株)コンシューマ企業グループ
DIソリューションズカンパニー お客様相談係
TEL/072-870-4184

(Phile-web編集部)
新着記事を見る
  • ブランドSANYO
  • 型番DMX-C5
  • 発売日2005年3月25日(シルバー)
  • 価格\75,600(税込)
【SPEC】●撮像素子:1/2.5型約508万画素原色CCD (総画素数) ●記録媒体:SDメモリーカード ●ズーム:光学5倍ズーム ●液晶モニター:2.0型低温ポリシリコンTFTカラー液晶(半透過型) 約21万画素 ●電源:リチウムイオン電池×1個 (DB-L20付属) ACアダプター/充電器(VAR-AL20付属) ●外形寸法:68W×108H×23Dmm ●質量:約145g(本体のみ)

関連記事