三洋、動画顔検出や高速度撮影対応のフルHD“Xacti”新モデルを発売

2008年06月05日
三洋電機(株)は、デジタルビデオカメラ“Xacti”の新モデルとして、動画顔検出機能や高速度撮影機能を搭載したフルHD機「DMX-HD1010」を6月20日より発売する。価格はオープンだが、120,000円前後での販売が予想される。ボディカラーはブラックとダークシルバーを用意する。

DMX-HD1010(ブラック)

DMX-HD1010(ダークシルバー)

操作部にはムービー/写真撮影時のモニター表示切替を簡単に行える「フォトビュー」ボタンを搭載する


本体上部にはフラッシュやアクセサリーシューを備える。本体底部には三脚用ネジも用意する。

本機を操作するリモコン

本機はXacti初のフルHDモデル「DMX-HD1000」(製品データベース)の機能をより強化したモデル。動画フォーマットはMPEG-4 AVC/H.264(フルHD記録時/メインプロファイル、SD記録時/ベースラインプロファイル)となる。記録媒体はSDメモリーカードで、最大32GBまでのSDHCカードにも対応する。

撮像素子は1/2.5型のCMOSセンサー。映像処理回路はHD1000と同じプラチナΣエンジンを搭載するが、信号処理系の最適化を行い、映像圧縮のアルゴリズムを進化。さらに、ビットレートを12Mbpsから14Mbpsへ引き上げたほか、上昇・下降を予測し符号量を制御する「レート変化予測」を行うことにより、撮影画質の向上を実現。解像感や色合い、暗所での撮影性能を高めたという。なお、動画の記録モードと解像度、ビットレートは以下の通り。

モード名 解像度(ピクセル) フレーム数 ビットレート
Full-HD 1,920×1,080 60field/s 14Mbps
Full-SHQ 30fps 12Mbps
HD-HR 1,280×720 60fps 12Mbps
HD-SHQ 30fps 9Mbps
TV-HR 640×480 60fps 6Mbps
TV-SHQ 30fps 3Mbps
Web-SHR 448×336 300fps 非公開
Web-SHQ 320×240 30fps 非公開


また、同社製品として初めて動画撮影時の顔検出機能も搭載。最大検出人数は12人で、追尾機能も搭載する。

付属のドッキングステーションと市販の外付けHDDをUSBで接続し、撮影した動画や静止画データを簡単な操作でHDDに保存できる「Xacti ライブラリー」機能も引き続き採用。前モデルでは動画転送日別振り分けしかできなかったが、HD1010は撮影した日付別の振り分け機能に新たに追加し、使い勝手を向上させた。また、BDへの記録やAVCHD方式での書き出しにも対応したPC用再生・編集ソフト「Nero 8 Essentials for Sanyo」も付属している。

「Xacti ライブラリー」に日付別振り分け機能が追加された

管理はこれまでと同様カレンダー表示で行える

ドッキングステーションには映像出力端子として、HDMI端子、D端子、Sビデオ端子、ビデオ端子が装備されている。なお本機はHDMIのCEC機能にも対応し、テレビリモコンで再生操作を行うことができる。正式サポートしたテレビはまだ発表されていないが、「CECに対応した機種であれば大抵利用可能」(同社説明員)とのことだ。

通常モードのメニュー画面。本機はHDMIのCEC機能にも対応し、テレビリモコンでXactiの再生操作ができる

アイコンを見ながら簡単に操作できる「シンプルモード」も用意。切り換えはディスプレイ左のスイッチで行う

さらに、秒300コマの高速度撮影機能を搭載し、スローモーションムービーを楽しむことも可能となった。ただし高速度撮影時は記録画素数448×336ピクセル、録画時間10秒までに制限されるほか、ズーム操作や音声の記録はできない。

静止画はHD1000と同じく800万画素相当で記録が行えるほか、秒7コマの連写機能も可能。また、画素数は約200万画素に落ちるが、ハイビジョン動画撮影中に写真を同時記録することもできる。なお、マニュアルモードではISO3200での高感度撮影も可能だ。新たに「ワイドダイナミックレンジ」モードを追加。露出の異なる2枚の画像合成とコントラスト強調処理を行うことにより、Dレンジが広くクッキリとした画像を撮影することができるという。

約23万画素表示が可能な2.7V型のTFTカラー液晶モニターを搭載。レンズは8群11枚構成。光学10倍ズームが可能で、NDフィルターも備える。。35mm換算のf値は、HD1000と同じく動画が49.7mm〜 497mm、静止画の場合は38〜380mmとなる。なお、既発のテレコン(1.6倍)/ワイド(0.7倍)/セミフィッシュアイ(0.4倍)コンバージョンレンズ(関連ニュース)もオプションとして使用することができる。

電源にはリチウムイオン電池を採用し、連続約125分の動画撮影、約295分の連続再生が可能だ。

【問い合わせ先】
三洋電機(株)
DIカンパニー DI事業部
お客様相談係
TEL/072-870-4184

(Phile-web編集部)
新着記事を見る
  • ブランドSANYO
  • 型番DMX-HD1010
  • 発売日2008年6月20日
  • 価格¥OPEN(予想実売価格120,000円前後)
【SPEC】●カメラ部有効画素数:静止画…約400万画素 動画…約356万画素(HD時)、約218万画素(SD時) ●撮像素子:1/2.5型400万画素相当 CMOSセンサー ●記録媒体:SDメモリーカード(32GB SDHC メモリーカードに対応) ●レンズ:光学10倍ズーム ●モニター:2.7型ポリシリコンTFTカラー液晶 約23万画素 ●外形寸法:90.0W×112.6H×54.5Dmm (突起部除く) ●質量:約311g(電池、SDメモリーカード込み)

関連記事