プラスビジョン、高輝度1,800ルーメンのデータ用DLPプロジェクターを発売

2004年06月01日
「U4-232」
●プラスビジョン(株)は、データ用DLPプロジェクター「U4シリーズ」の上位モデルで、クラス最高輝度1,800ルーメンを実現した「U4-232」を7月中旬より発売する。価格は365,400円(税込)。

本機は、重さ約1.5kgのモバイル・プロジェクタの中で最も明るい1,800ルーメンを達成。次世代DMDチップの採用、カラーホイールを中心とした光学系の改良により、明暗部のコントラスト比2000対1を実現している。解像度は1024×768だ。

また本機は、立ち上げる時にパスワードの入力を必要にする「セキュリティ・パスワード機能」と、盗難防止用ワイヤーロックを利用できる「セキュリティ・スロット搭載」のダブル・セキュリティ設定が可能。別売のリモートマウスセット「VR-100」を使用することで、プロジェクタのリモコンでパソコンのマウス操作が可能となる。入力端子にはDVI端子も搭載された。

【問い合わせ先】
プラスビジョンカスタマーセンター
TEL:0120-331-059

(Phile-web編集部)
新着記事を見る
  • ブランドPLUS
  • 型番U4-232
  • 発売日2004年7月中旬
  • 価格365,400円(税込)
【SPEC】
●投映方式:DLPTM(DMD単板)方式 ●DMDサイズ:0.7型 ●画素数:786,432画素(1024×768) ●投映レンズ:F2.6-2.9、f=27.5-33.0mm ●画面サイズ:26型〜300型 ●明るさ:1800lm ●コントラスト比:2000対1 ●RGB入力端子:映像:DVI-I×1 ●入力端子:映像(RCA)×1、S×1、DVI-I×1、ステレオミニジャック ●消費電力:240W、170W(エコモード時) ●外形寸法:190W×53H×242Dmm ●質量:約1.5kg

関連記事