≪CEATEC2003≫ビクター、フルHD表示可能なシアター用D-ILAプロジェクターを公開

2003年10月07日
●ビクターブース最大の目玉は、フルHD表示が可能なホームシアター用D-ILAプロジェクターだ。先日、同社が開催したD-ILAデバイス発表会で開発がアナウンスされていたもので、その際には年末発売と発表されていたが、確認したところ、発売は来春になりそうだ。価格は「QUALIA並」とのことで、200万強になりそうだ。ファロージャ「DCDi」を搭載したビデオプロセッサー部とプロジェクター本体が別筐体になっており、プロセッサーであらゆるソースを1080p化。その信号をデジタル伝送でプロジェクターに送る。

面白いのは、オプションとしてプロジェクターをすっぽりと包むカバーが発売されること。シルバーメタリックで、無骨なプロジェクター本体を隠す狙いがあるとのこと。また、ファンノイズ対策にも有効だそうだ。

また同社ブースでは、D-VHSデッキとプラズマテレビにHDMI端子を搭載した試作機も公開された。HDMIは映像と音声を1本のケーブルでデジタル伝送する規格で、音質向上と接続性の向上が期待できる。同社では「まだ対応ディスプレイが少ないので、普及状況を見ながら市場に投入していく」としている。

[ceatec2003report]

(Phile-web編集部)

関連記事