DVD+Rも2層記録技術が登場、フィリップスと三菱化学が開発

2003年10月06日
●10月3日、蘭Philips社と三菱化学メディア(株)は、DVD+Rの2層記録技術を開発したと発表した。これにより、一枚のDVD+Rに8.5GBのデータが記録可能となる。

同じ10月3日には、パイオニア(株)がDVD-Rの2層記録技術を発表している。

DVD+Rの2層記録技術は、あす(6日)から11日まで開催されるCEATEC JAPANに展示される予定。

(Phile-web編集部)

関連記事