【Senka21】年頭メーカーアンケート − 三菱化学メディア・太村 茂氏

2008年01月16日
主要各社が語る2008年の市場環境の変化と需要創造の取り組み
年頭メーカーアンケート メディア編 〜三菱化学メディア〜



三菱化学メディア(株)総務部長 兼 最高情報管理責任者 太村 茂氏
今後もディスクの必要性は高まる
差異化を明確にして「安心」と「信頼」を訴求していく


Q1:市場を取り巻く環境が目まぐるしく変化をする中で、ユーザーのライフスタイルやその消費行動、価値観の中で、メディアの役割や意義に、どのような変化があると考えているか。

A1:今後はホームシアターの普及や地上波デジタル放送などハイビジョン化という大きな変化が、より高精細のビジュアルを保存する記録メディアが求められる。AVという部分ではBD、HD DVDだが、海外やPCを含めるとまだDVD、DVD-DLが主流と考えている。HDDのバックアップを考えた場合は、DVDで十分に対応できることと、もちろん低価格である点では優位である。

AV、PCともメインの保管先としてHDD(使い勝手、低価格)が中心で、小型機器(携帯電話、カメラ)などはSDなどのフラッシュを活用し、用途によって異なる記録媒体を使い分ける動きは今後も強まると考える。フラッシュの流れは新たな世界が広がるので、その後のバックアップという面では、ディスクの必要性はさらに高まると思われる。

ハイビジョン化によって、求められるクオリティーは非常に高くなり、表面保護コート、記録膜等の技術を用いて差異化を行ない、求められるライフスタイルにマッチするものを生み出すことで記録メディアの役割は今後も高まると考えている。

Q2:2008年の御社の中心となる商品ジャンルおよび、その、需要喚起、市場創造へ向けての提案、取り組みについて。

A2:この年末、BD、HD DVDとも新製品が続々と投入され本格普及の勢いを感じる。フルハイビジョンをそのままディスクに残せるというCMも多く見られ、認知度は高まり、市場拡大に大きな期待をしている。

今後、新製品の投入や最も力を入れていく商品はBD、HD DVDになる。2008年は、さらなるバリエーションの拡大を図り、普及期における需要に対応するため、これまでも海外を含めた生産移管を早期に行ってきたが、BDにおいても2008年早期より需要に応じて対応できる体制を整える。CD、DVDで培った生産のノウハウをフルに発揮し、BD-R LTHタイプをおりまぜながらBDマーケットの普及に貢献したいと考えている。量産体制のほかに、三菱化学グループの技術力を結集し、品質面でも差異化を明確にわかりやすく行い、求められるニーズに対応し、お客様に「安心」と「信頼」を訴求していく。

またHDDの大容量化、HD放送の充実でDL(2層)50GBの需要拡大が見込めるため、弊社の2層化量産技術を生かし、用途提案を行っていく。

(Senka21編集部)

関連記事