“オーディオ銘機賞2003”各部門賞を発表!

2002年10月24日
●小社『季刊オーディオアクセサリー』誌主催“オーディオ銘機賞 2003”の選考会が、10月18日に行われました。

本賞はオーディオ文化の向上と、マーケットの活性化を目指して21年前に創設されたものです。その目的は、次々に登場するピュアオーディオコンポーネント群の中から、卓抜した性能、革新の内容を持ち、しかもオーディオマインドに溢れ、今後ベストセラー、ロングセラーが予想される、真の意味での銘機を選定することにあります。選定にあたっては公正を期すため、技術的見識の深いオーディオ評論家諸氏に、マーケットでの商品性に詳しい流通側の審査委員を加えており、本賞の大きな特徴としています。

厳正なる審査の結果選ばれた各部門賞の授賞モデルを、以下にご紹介します。なお、型名のあとに★印があるものは、それぞれの部門のトップ賞受賞モデルとなります。それ以外の製品に関しては、掲載は五十音とさせていただきます。

<デジタルプレーヤー>
ACCUPHASE / DP-77★
ESOTERIC / DV-50★
AURA / PS CD 1
DENON / DCD-1650SR
DENON / DCD-SA10
DENON / DVD-A1
ESOTERIC / X-25
ESOTERIC / X-30
LUXMAN / DU-7
MARANTZ / SA-14 Ver.2
MARANTZ / SA8260
PIONEER / DV-S757A

<セパレートデジタルプレーヤー>
CHORD / DAC 64★
dCS / Verdi/ELGAR PLUS
NORTHSTAR / 192CDT/192DAC
PIONEER / DV-S858Ai

<プリメインアンプ>
ACCUPHASE / E-530★
LUXMAN / L-509f SE★
DENON / PMA-2000IV
ARCAM / FMJ A32
AURA / PS AMP 1
MARANTZ / PM-14SA ver.2
MARANTZ / PM-17SA ver.2
MUSICAL FIDELITY / A3.2
UNISON RESEARCH / UNICO

<プリアンプ>
ACCUPHASE / C-2800★
ACCUPHASE / C-245
AUDIONET / PRE G2
BA labo / BC-1
CLASSE / CP-65
HALCRO / dm10
LINN / KLIMAX KONTROL
LUXMAN / C-8f
NISSHA / YN-2002C excellent

<メインアンプ>
ACCUPHASE / M-8000★
ACCUSTIC ARTS / AMPII
AUDIONET / AMPII G2
BA labo / BP-1
BIRDLAND AUDIO / PLEYEL-AG
CLASSE / CA-201
Ex-pro / 375
KRELL / 300CX
LINN / KLIMAX TWIN
LUXMAN / M-8f
NISSHA / YN-2002M excellent
SST / Ampzilla 2000

<マルチチャンネルアンプ>
DENON / AVC-A1SR★
YAMAHA / DSP-AZ2★
DENON / AVC-3570
MARK LEVINSON / No.40
PIONEER / VSA-AX10i-N
PIONEER / VSA-D2011-N
YAMAHA / DSP-AX1300
YAMAHA / DSP-AX630

<録音機>
YAMAHA / CDR-HD1300★

<アナログディスク関連>
LUXMAN / E-1★
ATLANTIS / POSEIDON VMS-1
AUDIO-TECHNICA / AT33R
AVID / Acutus
LUNDAHL / MC TRANCE
LYRA / Amphion Phono
NOTTINGHAM / SPACEDECK 10th
ORTOFON / AS-212i
ORTOFON / AS-309i
PHASE TECH / P-1
PHASE TECH / T-1
PRO-JECT / Studie
REGA / NEW PLANAR 2
SOUND / PE100SE
東京防音 / THT-291

<スピーカーシステム・小型>
BOSE / 33WER★
B&W / Signature 805
DYNAUDIO / SPECIAL TWENTY-FIVE
JBL / TZ-1
KEF / Model 201
murata / ES024
PASTORAL SYMPHONY / APM-1MKII
PIONEER / S-A4II-LR
SPENDOR / S 3/5
U-vola / U-vola
ZINGALI / OCM-106

<スピーカーシステム・中、大型>
JBL / 4348★
AVALON ACOUSTICS / DIAMOND
B&W / DM600シリーズ
BOSE / 33W4
DYNAUDIO / CONFIDENCE C4
INFINITY / ALPHA 40
JBL / Project K2 S5800
JBL / Project K2 S9800 WG
JBL / S4000
JM Lab / Electra 946
KEF / Model 207
KEF / Q5
MAGNAT / Vintage 990
MONITOR AUDIO / Gold Reference Silver Gross
ORTOFON / Concorde 108T
PIEGA / C40
PIONEER / S-A7II
SONUS FABER / CREMONA
SPENDOR / S 9
THIEL / CS 1.6
TIMEDOMAIN / Yoshii 9
VICTOR / SX-LT55
WILSON AUDIO / SYSTEM 7
YAMAHA / NS-515F

<関連機器>
JBL / UT-045Be★
PIONEER / PT-R100★
ACOUSTIC REVIVE / RNT-1000
AUDIO-TECHNICA / ATH-A1000
CEC / HD51
CSE / ZX-10A
CSE / TX-2000
FREE SYSTEMS / FG-1
LUXMAN / P-1
murata / ES105
PIONEER / SE-DIR1000C
PIONEER / SE-MONITOR 10R
REIMYO / ALS-777
ULTRASONE / HFI-2000
YAMAHA / YST-SW1500

<ケーブル>
ORTOFON / Silver Ref RCA★
ACOUSTIC REVIVE / シングルコアケーブルシリーズ
AET / UR DG 75
AUDIO PRISM / Super Natural
AUDIO REPLAS / RPS-7000SZ
CAMELOT TECHNOLOGY / PM-750
DiMarzio / EP 2808 LP
DIVAS / SX304R7
GOERTZ / パイソン 2PMI-RY2.1
KIMBER KABLE / TONIK
KIMBER KABLE / KWIK 12
MIT / Oracle V3.1i
MONITOR / NF-41-1.2
NEOTECH / NP-3PS52-1.5m
ORTOFON / 7NX・PSC 1000HG
ORTOFON / SPK3100 Silver
PAD / DIGITAL TANTAS RCA
QED / QUNEX 4S XLR
QED / X-TUBE400
SAEC / SL-1803MKII
SPACE & TIME / Prism AC Special-8N/1.0R
SYNERGISTIC RESEARCH / REFERENCE AC MASTER COUPLER X
WIREWORLD / SEP 3+
WIREWORLD / SEI 3+

<オーディオアクセサリー>
ACOUSTIC REVIVE / RWL-1★
ACOUSTIC REVIVE / CB-1
ACOUSTIC REVIVE / JAC-1/JAC-2
ACOUSTIC REVIVE / RD-2
AUDIO REPLAS / OPT-30HG HR/3P
Black Diamond Racing / THE SOURCE
CHIKUMA / CPS-2300CL
FIM / FIM-880
FISCH / AUDIO POWER BAR 4-1-1
KRIPTON / AP-10
KRIPTON / ZR-30153
ORTHO SPECTRUM / MR-707
ORTOFON / 6NX・PSB-6HG
ORTOFON / MKO-1188
QUADRASPIRE / Q4D-R
RCC / レゾナンス・チップ・クライオ
SAEC / TAP PLUS
SEISIN / OMS-4
SONUS SYSTEMS / Elite
SOUND MAGIC / XA04RB
TAOC / HTII-2S
THE J1 PROJECT / J1B 3848
THE J1 PROJECT / PMR 4930
WAKATSUKI / GX 2200
バック工芸社 / Basic-Y
山本音響 / PB-18

授賞製品の詳細は、11月21日に発売される「季刊・オーディオアクセサリー107号」でご紹介します。また三賞授賞モデルについてはPhile-web「週刊 製品批評」でも特集記事を掲載する予定です。お楽しみに!(Phile-web編集部)

関連記事