三菱化学メディア、4倍速書き込みに対応したデータ用DVD+Rディスク

2002年10月18日
●三菱化学メディア(株)は、世界初の1-4倍速書き込みに対応したデータ用DVD+Rディスクを開発し、12月上旬より発売する。

今回発売される製品は以下の通り。
・ブランドレーベル仕様1P「DTR47U1」
・ブランドレーベル仕様5P「DTR47U5」
・インクジェットプリンタ対応1P「DTR47UP1」
・インクジェットプリンタ対応5P「DTR47UP5」
・5色カラーミックス「DTR47UM5」

すべてオープン価格だが、1枚タイプは600円前後、5枚タイプは3,000円前後での販売が予想される。

今回のディスクは、感度および高速記録時のパワーマージンを改良した独自の新規色素「DYN-AZO」を開発し、記録膜に採用した。これにより、従来の1-2.4倍速での高い記録特性を維持したまま、高速記録時の安定性を実現し、4倍速対応が可能になった。また、高速CD-R/RWで培った精密成型技術をDVDにも適用することで、ディスクの反りをコントロールし、高速記録時のエラー要因を抑制し、記録時の安定性を実現している。

また、商品ラインナップも市場の拡大やニーズの多様化にあわせ、従来より増やしている。(Phile-web編集部)

関連リンク

関連記事