日本マランツ、marantz/B&Wの新製品を発表(2)〜marantz AV系製品〜

2002年09月04日
<左>PM7300 <右>DV4300
●日本マランツ(株)は、marantzとB&Wからこの秋冬に発売される新製品の発表会を、同社の恵比寿ショールームで開催した。

marantzブランドで販売される新製品はマイナーチェンジ版や限定生産製品を含めて9モデルだが、ここではそのうちAV系の製品4モデルをご紹介しよう。

4モデルの内訳は以下の通り。
・AVアンプ「PS7300」¥98,000 11月上旬発売
・AVアンプ「SR4300」¥45,000 11月上旬発売
・DVDプレーヤー「DV4300」¥38,000 10月下旬発売
・DLPプロジェクター「VP-16S1」¥OPEN(予想実売価格75万円前後) ※200台限定生産

AVアンプ「PS7300」は、ミドルクラスながら高級機の仕様をふんだんに盛り込んだ意欲作。「パワーアンプがAVアンプのキモ」という考えのもと、同社の上位機種「PS9200」にも搭載された電流帰還型のディスクリートパワーアンプを装備した。DSPにはシーラスロジック社製の最新32ビットモデル「CS49400」を業界で初めて搭載し、これにより、このクラスとしては初めてとなるDTS96/24への対応を果たした。もちろん、ドルビーデジタルEXをはじめとする6.1chサラウンドフォーマットにはすべて対応しているほか、強力なマトリックスサラウンドデコーダー「CS II」を、一体型AVアンプとして初めて搭載した。将来の新フォーマットにも対応すべく、ソフトウェアアップグレードが可能となったことも嬉しい改善点だ。

AVアンプ「SR4300」は、リアル6chを低価格で実現したエントリークラスモデル。クラス最大級となる各チャンネル125Wの実用最大出力を誇る。5kgのトランスを装備するなど手抜きのない仕様を備えるほか、ドルデジEXやDTS-ESなど最新サラウンドフォーマットにも対応している。リアパネルの充実度も驚くほどで、6.1ch入力を装備するほか、スピーカー端子は全chともスクリュー式を採用するなど、音質対策も万全だ。こちらにもCS IIを搭載している。

DVDプレーヤー「DV4300」は、最薄クラスとなる高さ54mmを実現したスリムなモデル。薄型とはいえ機能を犠牲にしていず、2-3プルダウンプログレッシブ再生や192/24DAC、PALディスク再生機能、JPEG画像再生機能、MP3ファイル再生機能などを装備する。また、フロントパネルでDVDのトップメニューが操作できるのも実用度が高い。

DLPプロジェクター「VP-16S1」は、好評のハイグレードモデル「VP-12S1」の機能や仕様を受け継ぎつつ、DMD素子に848×480画素のVGAタイプを採用したモデル。DVDディスクとの親和性が高いのが魅力となる。光学系エンジンやシャーシはVP-12S1と同様だが、新たにマニアライクな設定が可能な「ファインメニュー」機能を備え、様々映像の微調整が可能になった。200台限定生産なので、早めの問い合わせをオススメする。(Phile-web編集部)
新着記事を見る
  • ブランドMARANTZ
  • 型番上記参照
  • 発売日上記参照
  • 価格上記参照
【SPEC】
<PS7300>●実用最大出力:160W×6 ●入力端子:ビデオ5、S端子5、RCA色差2、2chアナログ音声8系統、7.1chアナログ音声1系統、光デジタル1、同軸デジタル1系統 ●消費電力:480W ●外形寸法:440W×160H×458Dmm ●質量:14.7kg

<SR4300>●実用最大出力:125W×6 ●入力端子:ビデオ4、S端子2、2chアナログ音声7系統、6.1chアナログ音声1系統、光デジタル1、同軸デジタル1系統 ●消費電力:315W ●外形寸法:440W×164H×365Dmm ●質量:12.5kg

<DV4300>●音声DAC:192kHz/24ビット ●周波数特性:4Hz〜44kHz ●S/N:101dB ●出力端子:2chアナログ音声1系統、光デジタル1、同軸デジタル1 ●消費電力:15W ●最大外形寸法:440W×54H×280Dmm ●質量:3.2kg

<VP-16S1>●表示デバイス:0.67型DMD素子×1、画素数848×480 ●レンズ:1.2倍ズームレンズF3.0 f26.5〜30.7 ●ランプ:150W ●明るさ:550ANSIルーメン ●コントラスト比:1000対1 ●消費電力:250W ●外形寸法:404.5W×158H×471Dmm ●質量:13.0kg

関連記事