サイバーリンク ソフトウェア製品のWindows Me対応について

2000年09月25日
●9/23(土)発売の「Windows Millennium Edition (Windows Me)日本語版」について、弊社で検証いたしましたWindows Me環境下におけるサイバーリンク製ソフトウェア製品の動作検証結果は下記のとおり。(Windows Me 日本語版 最終製品版で検証)

DVD再生ソフトウェア「PowerDVD」シリーズ
・PowerDVD Ver1.3…DVD再生可能、設定メニュー[挿入したディスクを自動で再生する]が有効の場合、再生に失敗する可能性がある。(チェックを外すと正常に再生)
・PowerDVD Ver1.6…再生可能
・PowerDVD Ver2.0 再生可能、操作パネルの[ディスク取り出し]ボタンが作動しなくなる可能性がある。(ドライブ側のイジェクトボタンは有効)
・PowerDVD 2000…再生可能

高画質ビデオ録画ソフト「PowerVCR」シリーズ
PowerVCR Ver1.3…正常に動作する、Windows Me上で使う際には、キャプチャーカード等のハードウェアがMe上で使用可能か確認が必要。
・PowerVCR II…現在検証中

動画メール作成ソフト「VideoLiveM@il」
・VideoLiveM@il…正常に動作する、Windows Me上で使う際には、CCDカメラ等のハードウェアがMe上で使用可能か確認が必要。

PowerDVDの再生支援機能・及び音声出力機能はハードウェアのドライバに依存する。Windows Meに対応していないドライバを使う場合、WindowsMe上でこれらの機能が使用できなくなる可能性がある。PowerVCR、VideoLiveM@ilは、Windows Meに対応していないデバイスを使っている場合、動作に支障が出る場合がある。Windows MeはNEC PC-9800/9821シリーズはサポート外である。サイバーリンク製品は前述の環境では動作しないので注意が必要。上記の情報は今後の検証、調査によって追加、変更、修正が行われる可能性がある。(ホームシアターファイル編集部)

関連記事