オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
12月15日まで銀座ソニービルにて開催

ソニー、ハイレゾとプラネタリウムを融合させたイベント「サウンド・プラネタリウム」

ファイル・ウェブ編集部
2013年11月13日
ソニーは、ハイレゾ音源とともにプラネタリウムを楽しめる「サウンド・プラネタリウム 〜満点の星空の下で味わう、ソニーのハイレオ音楽体験会〜」を銀座ソニービル8階「OPUS」にて、11月13日より開催する。会期は12月15日まで、入場は無料。開幕に先立ちメディア向けに先行体験会が開催された。



光学式プラネタリウム投影機「MEGASTAR」で再現された星空の下、同社スピーカーのリファレンスモデル“R”シリーズ「SS-AR1」とAVアンプ「TA-DA5800ES」とのシステムを使用し、国内外の名曲やヒット曲をハイレゾ音源で上演するというもの。

SS-AR1

MEGASTAR

上演する楽曲は全て96kHz/24bit、Wav形式のハイレゾ音源で、ゴスペラーズによるスピッツのカバー曲「ロビンソン」、いきものがかり「風が吹いている」、ビリー・ジョエル「素顔のままで」、マイケル・ジャクソン「Human Nature」、Chara「やさしい気持ち(Special Kiss ver.)」「Swallowtail Butterfly〜あいのうた〜」の6曲。

MEGASTARによる星空と、ソニーのプロジェクター「VPL-VW1000ES」からの映像を融合させて上映。ナレーションはCharaが担当

上記6曲を、イベント期間を前半と後半にわけて、3曲ずつ楽曲を変更して上映。12月1日までは、いきものがかり、ビリー・ジョエル、Chara「やさしい気持ち」の3曲、12月2日から15日まではゴスペラーズ、マイケル・ジャクソン、Chara「Swallowtail Butterfly〜あいのうた〜」を上映する。なお、楽曲はすべてmoraでもハイレゾ配信(ただしFLAC形式)しており、会場ではウォークマン ZX1シリーズやF880シリーズとヘッドホン「MDR-1シリーズ」を使用してmoraで配信中のハイレゾ楽曲を体験できるようにもなっている。

moraの体験スペースも

ソニー Headquarters ブランド戦略部ロケーションブランディングGPロケーションブランディング マネジャーの戸野本理代氏は、「ハイレゾを知らないような層の人にどうやったらハイレゾの良さを味わってもらえるかを考えた」と、プラネタリウムとハイレゾ音楽再生をコラボレーションさせた意図を説明する。

ソニー 戸野本氏

プラネタリウムの監修を担当した大平貴之氏は「CDを超える高音質サウンドで今まで聴こえなかった曲のディテールまでを感じるハイレゾ音源と、視覚の限界を越えた微細な星を再現するMEGASTARには共通のコンセプトを感じる」とコメント。「運命的で、なるべくしてなったコラボレーションだと思う」とあいさつした。

プラネタリウムを監修した大平氏。元はソニーの社員で、1998年に従来の100倍以上の星を映し出す「MEGASTAR」を個人制作で発表。家庭用として65万台超を販売した「HOMESTAR」も開発

なお、イベント来場者のなかから抽選で200名に、3,500円(税込)以内のハイレゾ音源を1タイトルダウンロードできるmoraミュージッククーポンをプレゼントする企画も実施。また、OPUS公式Twitterアカウント(@opus_event)をフォローし、応募用ハッシュタグ付き感想をツイートすると、全員にオリジナルの「サウンドプラネタリウム」PC壁紙がプレゼントされる。

関連リンク

関連記事