HOME > インタビュー > 記事

インタビュー

ホームシアターCHANNEL 連携企画

いま明かされるソニー8Kテレビ「Z9H」開発秘話。キーマン3名を直撃!

ホームシアターCHANNEL編集部:松井泰裕
2020年04月01日
■“感じる美しさ”がコンセプトの8Kブラビア

多数のテレビブランドが8Kテレビの開発を推し進めているなか、遂にソニーから初の8Kテレビ「Z9Hシリーズ」が発売されました。北米や欧州、中国では「Z9Gシリーズ」として先行して発売されていましたが、今回の国内モデルは8Kチューナーが内蔵された特別仕様のモデルとして、名前も改め登場。日本のホームシアターファンの期待にしっかりと応える仕様にブラッシュアップされています。連載「8K最前線インタビュー」第4回は、ソニー「Z9Hシリーズ」の開発秘話に迫るべく、開発のキーマン3名にお話を伺いました。

8Kチューナー内蔵液晶テレビ KJ-85Z9H \OPEN(実勢価格¥2,000,000前後)

青木氏「Z9Hシリーズは、“クリエイティビティとテクノロジーの力で、世界を感動で満たす。” というソニーが掲げる存在意義のもと、8Kブラビアの国内発売を待ち望んだユーザーに向けて自信を持ってお届けする、8K液晶テレビです。コンセプトは、“感じる美しさ”。4Kテレビでは成し得なかった、本物感や実存感まで表現することで、“8Kテレビのレファレンスモデル”を作り上げることを目標に開発いたしました」

今回の取材では、ソニーホームエンタテインメント&サウンドプロダクツ(株)TV事業本部 商品企画部 青木 翔氏(左)、同社 同部 商品設計部門 商品設計1部 井川直樹氏(中央)、同社 同部 商品設計部門 商品設計2部 萩尾淳二氏(右)、3名の方々にご協力頂きました

■“感じる美しさ”がコンセプトの8Kブラビア
■液晶の特性を最大限に活かした技術がカギ
■あらゆるコンテンツを超高精細な8K映像に
■大画面にも負けない迫力と広がりある音響
■映像を際立たせる洗練されたデザイン
■取材協力
■SPEC

>>次々に明かされる開発秘話の数々! 気になる記事の続きは「ホームシアターCHANNEL」で!

関連記事