HOME > インタビュー > 「君の名は。」ブルーレイはこうして作られた ー “映画の感動を封じ込める” 徹底したこだわりとは?

「歴史に残る作品だから後悔はしないように」

「君の名は。」ブルーレイはこうして作られた ー “映画の感動を封じ込める” 徹底したこだわりとは?

2017/07/20 構成:編集部 押野 由宇
  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE


『君の名は。』ならではの4K/HDR化


−−DPXマスターをまず4Kにアップコンバートして、その後HDR化したということですが、そこで気をつけた点について、もう少し詳しく教えてください。

今塚:大前提としてオリジナルからの劣化は絶対にあってはいけません。そこで『君の名は。』の4Kアップコンバートでは、汎用のツールは使わずに、弊社独自の「FORS EX PICTURE」というシステムを用いています。FORSでは専門技師が作品毎のタッチやトレース線の太さなどを検証しながら、最適なパラメーターを導き出し、機械任せでは得られないアップコンバート画質を実現しています。弊社はアニメーション作品の仕事が多く、新作・旧作含めて研究していますので、そのノウハウが惜しみなく投入されています。

4Kアップコンバートにはキュー・テックの独自システム「FORS EX PICTURE」が用いられた

−−汎用のアップコンバーターの場合、どういった弊害があるのでしょうか?

今塚:アニメの場合、一番分かりやすいのは輪郭線のジャギーですね。もちろんフィルタリングを強くすればジャギーは目立たなくなりますが、それでは画面全体の微細な情報まで消えてしまいます。また、例えばピントの甘いフィルム作品や、全体がノイジーな映像では、2Kから4Kにアップコンバートすると、それが4倍になって出てくるわけで、そうなるとオリジナルよりも印象が悪くなってしまいます。それをいかにフィルタリングで補えるかというのが汎用ツールの世界ですね。

−−『君の名は。』をFORSでアップコンバートする際に苦労した点はありますか?

今塚:作品によってはバンディングやモスキートノイズなどに悩まされることもありますが、『君の名は。』のオリジナルデータにはそういったところがなく、非圧縮のDPXマスターが使えたこともあって、歪みの無い理想的な4Kアップコンバートができたと思います。とは言え、この段階で少しでも劣化した映像を作ってしまうと、このあとHDR化する際に支障が出てしまうので、アップコンバートの担当技師とは入念に確認作業を行いました。

次ページHDR化はどこがポイント?

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 次へ

この記事をシェアする

  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE