HOME > インタビュー > 記事

インタビュー

「歴史に残る作品だから後悔はしないように」

「君の名は。」ブルーレイはこうして作られた ー “映画の感動を封じ込める” 徹底したこだわりとは?

構成:編集部 押野 由宇

前のページ 1 2 3 4 5 6 7 8 次のページ

2017年07月20日


マスターデータから品質にこだわる


−−まずは『君の名は。』のパッケージ化の流れについて教えてください。

渡辺:まだ劇場で公開中の頃でしたが、弊社で2K BDのエンコードとオーサリングをさせていただくことが決まりました。UHD BD化の話が出てきたのはそのあとです。それから新海監督に4KアップコンバートやHDR化の方針を確認していただいて、最終的に監督の承認を得たものが今回のUHD BD用のマスターになっています。

今塚:支給されたデータは、DPXという非圧縮の静止画連番ファイルです。1,920×1,080/RGB4:4:4/10bit/BT.709になります。これが今回のプロジェクトの大元になっていて、ここからすべて作っていきました。4K/HDR化に関しては、このデータをまず4Kにアップコンバートし、そのあとHDR化しています。

成岡:2K BDに関しては、DPXマスターからダイレクトにエンコードしています。DVDに関しても、同じDPXファイルから直接SD解像度にダウンコンバートしてエンコードしています。

−−DPXファイルをBDのマスターとして使うのは一般的なのですか?

秋山:通常はHDCAM-SRを使うのが一般的です。しかしテープメディアの最高峰であるHDCAM-SRといえども、既に圧縮が掛かっているので、その差は見る人が見れば分かってしまうんですね。一方でDPXファイルは、音声とシンクが取れているかどうかも分からないし、どこかにリテイクが入った場合、何番から何番のファイルを差し替えるといった作業が必要になる。テープだったらリテイクが終わったものが新たに届くわけですが、連番ファイルでのやり取りだと管理が大変で手間も掛かります。でも、そのくらい微妙なところまでこだわるだけの価値がある作品だと思いました。皆には後で後悔しないように、やれることはすべてやろうということは常に言っていましたね。

HDRグレーディング作業が行われたスペース。取材当日はDolbyのモニターが置かれていたが、『君の名は。』ではSONYのマスターモニター「BVM-X300」が使われた

渡辺:UHD BD化については、新海監督も4KアップコンバートとHDR化は初めてでしたので、ご自身が作られたものがどういう風になるのか気にされていました。そのため弊社でも慎重に検証を行いました。まずはテスト用に複数の機材でトライアルを重ね、いくつかのパターンをご提案し、監督に見ていただきました。そこからさらなるレベルのすり合わせを行って、追い込みを掛けていきました。

今塚:様々なアニメ作品でテストをこなしていましたし、既に発売されている4K/HDR作品も手掛けているので自信はありましたが、作品が作品だけに、本当に弊社の作るものをベストとして受け入れてもらえるか、見ていただくまでは緊張しました。

4K/HDR化はどう行われる?

前のページ 1 2 3 4 5 6 7 8 次のページ