オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
アクセサリーを使って魅力をさらに引き出す

<季刊analog vol.55>Regaのアナログプレーヤー「RP6のフルチューンを企む」を掲載

季刊・アナログ編集部
2017年03月31日
好評発売中の『季刊analog』誌の最新号vol.55では、「オーソドックスな英国製プレーヤー『RP6』のフルチューンを企む」〜RP6の全体像を俯瞰してチューンのプランを練る〜を4ページにわたり掲載している。レポートは小原由夫氏。

『季刊analog』誌の最新号vol.55 絶賛発売中 定価1,590円(本体1,472円)

1973年の創業から一貫して、徹頭徹尾のシンプリシティ、それでいて抜群のソノリティのレコードプレーヤーを作り続けている、英国のREGA(レガ)。当サイトでは、REGA ガンディー社長インタビューも掲載している。

そのベーシック機から最上級モデルまで幅広いラインアップのなかで、オーソドックスなモデル「RP6」(170,000円/税抜)と、アクセサリー類を組み合わせて、より魅力を引き出すべくフルチューン&使いこなしを実践する企画を実施した。

REGAのレコードプレーヤー、RP6(170,000円、税抜)のフルチューンの成果やいかに!?

ターンテーブルシート、ディスクスタビライザー、そしてインシュレーターと、素材や構成の異なるそれぞれ3モデルを用意。それらと組み合わせることで、どんな成果が得られるのか。音質的な傾向とグレードアップ度合いを詳しくレポートしている。

オーソドックスな英国製プレーヤー「RP6」のフルチューンを企むの記事(4ページ構成)より

アクセサリーでのグレードアップはアナログならではの楽しみ

さまざまなアクセサリーを使って分かったのは、「レガのプレーヤーが極めて高い完成度を誇るということ」と語る小原由夫氏。RP6だけではなく、レガユーザーの方、そしてこれから導入しようとお考えの方に、ぜひともじっくりと誌面を読んでいただきたい。

関連記事