オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
「性能が大幅に向上した」

iFI-Audioのヘッドホンアンプ「micro iCAN」に電源や部品を見直した特別チューンモデル

編集部:小澤 麻実
2016年01月15日
トップウイングは、iFI-Audioのヘッドホンアンプ「micro iCAN」にスペシャルチューンを施した「micro iCAN SE(Special Edition)」を1月25日に発売する。価格は50,000円(税抜)。

micro iCAN SE

底面には「Special Edition」と記されている

一見すると外観は全く同じだが、通常モデルよりも電源が強化されたほか、回路部品を見直すなどして「性能が大幅に向上した」モデルとのこと。フルディスクリート回路を採用したA級設計の据え置き型ヘッドホンアンプ「pro iCAN」(関連ニュース)のテクノロジーが投入されている。

本機の基板。電源部や部品などを見直した

通常モデルと同じく、真空管がオーディオ信号を増幅する手法をモデルにしたディスクリート構成のClass A TubeState回路を搭載。これに新開発の電源部を組み合わせることで、出力4,000mW(16Ω)を実現した。ゲイン設定は0dB/12dB/24dBで選択可能。様々なヘッドホンを駆動できるとアピールされている。

また、出力用のカップリング・キャパシターをなくし、ピュアな出力信号伝送が可能なDirectDriveを備えている。

部品にもこだわり。エルナー社のシルミック・シリーズ・コンデンサーや、MELF抵抗器、C0Gキャパシターを新搭載し、コスト度外視でサウンドを追究したという。

エルナー社のシルミック・シリーズ・コンデンサーなどを搭載している

そのほか、ヘッドホンでもスピーカーのような音場を楽しめる3D HolographicSoundシステムや、深い低音を引き出すXBass機能を引き続き搭載している。

全高調波歪率は<0.003%(400mV/150R)。周波数特性は0.5〜500kHz(-3dB)。外形寸法は通常モデルと同じく68W×28H×158Dmm、質量は216gとなる。

関連リンク

新着記事を見る
  • ジャンルその他
  • ブランドiFI-Audio
  • 型番micro iCAN SE
  • 発売日2016年1月25日
  • 価格¥50,000(税抜)
【SPEC】●S/N比:>123dB(A) ●全高調波歪率:<0.003%(400mV/150R) ●周波数特性:0.5Hz〜500kHz(-3dB) ●出力インピーダンス:<1Ω ●ヘッドホン出力:>4,000mW(16Ω) ●外形寸法:68W×28H×158Dmm ●質量:216g

関連記事