オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
2012年以前に登場したモデルが対象

富士通テン、ECLIPSEスピーカーの一部モデルを7月より値上げ

編集部:小澤貴信
2015年05月26日
富士通テンは、ECLIPSEの2012年以前に発売したスピーカーシステムなどホームオーディオ各製品を7月より値上げする。

同社は値上げの理由について、製造原価高騰を吸収すべく合理化努力を行い、発売以来価格を据え置いてきたが、昨今の円安の影響も重なり、自助努力のみによる対応だけで価格を維持することが困難となったと説明している。値上げを行うモデルは以下の通り。

TD712zMK2(レギュラースタンド)現行価格¥330,000→新価格¥400,000
TD712zMK2-S(ショートスタンド)現行価格¥310,000→新価格¥380,000
TD510ZMK2 現行価格¥190,000→新価格¥240,000
TD510MK2 現行価格¥95,000→新価格¥120,000
TD508MK3 現行価格¥47,000→新価格¥59,000
TD307MK2A 現行価格¥18,000→新価格¥22,000
TD307THMK2(5.1chパッケージ)現行価格¥200,000→新価格¥220,000
508DMK3(TD508MK3専用スタンド)現行価格¥25,000→新価格¥30,000
307DMK2A(TD307MK2A専用スタンド)現行価格¥12,000→新価格15,000

なお2014年に発売した4機種「TD-M1」「TD725SWMK2」「TD520SW」「TD316SWMK2」の価格は据え置かれる。

関連記事