オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
MM/MC対応のCR型フォノイコライザーを搭載

デノン、新フラグシッププリメインアンプ「PMA-SX1」

ファイル・ウェブ編集部 小澤貴信

前のページ 1 2 3 4 5 6 次のページ

2014年09月01日
ディーアンドエムホールディングスは、DENONブランドのフラグシップとなるプリメインアンプ「PMA-SX1」を10月中旬より発売する。価格は580,000円(税抜)。

DENON「PMA-SX1」¥580,000(税抜)

本機は昨年発売のフラグシップSACDプレーヤー「DCD-SX1」(関連ニュース)と対になるプリメインアンプ。全段バランスアンプ構成、UHC-MOSによるシングルプッシュプル回路の採用、MM/MC対応のCR型フォノイコライザーの搭載など、デノンのHi-Fi技術を結集した最上位モデルとなる。出力は50W+50W(8Ω)。入力端子はバランス1系統、アンバランス4系統、フォノ2系統(MC/MM)を搭載する。

極限までシンプルさを追求したデザインを採用

背面端子部。入力はXLR×1、RCA×4、PHONO×2(MM/MC)

本製品の発表会には、PMA-SX1の音作りに携わったDENONサウンドマネージャーの米田晋氏、そしてPMA-SX1の主任技師である新井孝氏が登場。PMA-SX1の詳細や開発秘話を紹介してくれた。以下、発表会の模様と併せて、詳細を紹介していく。

ディーアンドエムホールディングス CSBUデザインセンター DENONサウンドマネージャー 米田晋氏

■デノンのフラグシップの系譜「Sシリーズ」の最新モデル

PMA-SX1は、従来のデノンの旗艦プリメインアンプ「PMA-SX」(関連ニュース)の登場から6年を経て登場する。米田氏は発表会冒頭で、PMA-SX1を語るためにはデノンのフラグシップの系譜である「Sシリーズ」の歴史を振り返る必要があるとして、最初のモデルとなった1993年登場の「S1シリーズ」はHi-Fiの歴史における革命的な製品だったと紹介。今回のPMA-SX1に至るSシリーズの基幹となる技術が、このS1シリーズのプリメインアンプ「PMA-S1」、プリアンプ「PRM-S1」、パワーアンプ「POA-S1」で開発されたのだという。

歴代のSシリーズを展示。左から「PMA-S1」「PMA-SA1」「PMA-SX」

PMA-SX1はSシリーズの系譜における最新モデルとなる

■全段バランス構成、BTL接続を採用したアンプ部

新フラグシップとなるPMA-SX1は、デノンのこれまでのSシリーズと同様に全段バランス構成を採用、BTL接続により出力を得ている。この方式ではスピーカーのプラス、マイナス両端子をパワーアンプの出力段に直接つないで駆動するため、増幅の基準となるグラウンド電位が安定し、ノイズや回路間の干渉が低減され、正確な増幅が行える。

これまでのSシリーズの心臓部を継承し、全段バランス構成アンプを採用

新井氏はこの全段バランス構成の利点について、“長縄跳び”に例えてわかりやすく説明してくれた。「シングルエンド構成は、グランドに対してアンプの片側の端子をドライブします。例えれば、地面に打ち込んだ杭に片側を結んだ縄で、“長縄跳び”をしているようなものです。強固な地面に杭がしっかりと打ち込まれているなら縄も自由に回せますが、アンプの場合、実際にそれほどの好条件をそろえるのがとても難しいのです。対してバランス出力は、縄の両側をそれぞれ別の人が持って、縄を回していると例えられます」(新井氏)。

ディーアンドエムホールディングス CSBUデザインセンター PMA-SX1 主任技師 新井孝氏

PMA-SX1の筐体内部

またシングルエンド構成では、スピーカー端子に入った電流が、反対の端子から出てアンプに再び帰ってきてグランドに流れ込む。一方で、バランス構成は端子の両側がドライブ段になるので、増幅の基準となるグランドに電流が流れない。よってグランドが揺らがないので、正確な増幅ができる。アンプはグランドに入った電圧を増幅するので、グランドに揺らぎができると基準となる電圧も揺らぎ、音楽信号の再現性が低下してしまうのだという。

バランス構成の利点はさらにある。バランス構成では前述のようにスピーカー端子の両側をドライブするため、一方の端子側の電圧が半分になる。従って、シングルエンド構成の半分の電圧でドライブすることができ、アンプの内部電圧を低く抑えることができる。よってアンプに低電圧用の優れたデバイスを使用することが可能となり、部品選択の幅も広がるので、音質向上に繋がるとのこと。

最終出力段はUHC-MOSを用いたシングルプッシュプル構成

前のページ 1 2 3 4 5 6 次のページ

関連リンク

新着記事を見る
  • ジャンルプリメインアンプ
  • ブランドDENON
  • 型番PMA-SX1
  • 発売日2014年10月中旬
  • 価格¥580,000(税抜)
【SPEC】●定格出力:50W+50W(8Ω、20Hz〜20kHz、T.H.D.0.1%) ●実用最大出力:100W+100W(4Ω、1kHz、T.H.D.0.7%) ●全高調波歪率:0.017%(定格出力-3dB時、負荷8Ω、1kHz) ●入力端子:バランス1系統、アンバランス4系統、フォノ2系統(MC/MM) ●入力感度/インピーダンス:PHONO MM…2.5mV/47kΩ、PHONO MC…200μV/100Ω(High)/50Ω(Low)、バランス…105mV/95kΩ、アンバランス…105mV/47kΩ ●S/N比:PHONO MM…82dB(入力端子短絡時、入力信号5mV時)、PHONO MC…70dB(入力端子短絡時、入力信号0.5mV時)、アンバランス…105dB(入力端子短絡時) ●消費電力:275W ●外形寸法:434W×181H×504Dmm ●質量:30.4kg

関連記事