HOME > レビュー > iPhoneのバッテリーを長生きさせたい! この設定で優しく充電しよう

iPhone TIPS

iPhoneのバッテリーを長生きさせたい! この設定で優しく充電しよう

2022/08/30 高橋 敦
  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE
以前のTIPSで紹介したように、iPhoneには「バッテリー充電の最適化」という機能が用意されています。おかげで「寝る前に充電ケーブルをつないで朝起きるまでつなぎっぱなし」のような充電の仕方でも、バッテリーに大きなダメージを与えてしまうことはありません。

ですがiPhoneは昔の機種にも比較的に長らくシステムアップデートが提供される傾向。例えば2017年発売のiPhone 8は、この2022年秋にリリース予定のiOS 16の対応機種リストにも入っています。発売から6年経過の2023年まで最新OSを使える見込みとなるわけです。

だったらもっと徹底的にバッテリーに優しく充電して、5年後6年後もバッテリー性能をできるだけ維持しておきたくないですか?

というわけで今回は「バッテリーを究極に甘やかす超いたわり充電オートメーション」を提案。バッテリーを特に傷める原因は「充電中に同時にバッテリー消費もされる状態」ですから、iPhoneの自動化機能「オートメーション」の組み合わせでそれを徹底回避します。

設定し運用するオートメーションは次の2つ。

1)iPhoneが電源に接続したとき→低電力モードをオン
2)充電が80%を超えたとき→低電力モードをオン
です。順に解説していきます。

オートメーションで充電

1)iPhoneが電源に接続したとき→低電力モードをオン
基本中の基本。充電中のバッテリー消費を最小限にするため、充電が開始されたら低電力モードを自動でオンにします。

いつ「iPhoneが電源に接続したとき」→行う「低電力モードを(オンに)設定」

2)充電が80%を超えたとき→低電力モードをオン

いつ「バッテリー残量が80%を超えたとき」→行う「低電力モードを(オンに)設定」
充電が80%に達すると低電力モードは勝手にオフになってしまいます。そこで80%を超えた=81%になったときをに、再び低電力モードを自動でにオンします。

このオートメーションが数年後のバッテリー状態にどの程度の違いをもたらしてくれるのかというと、実際のところは大した違いではないのかもしれません。ですが自動化すれば何の手間もかからないのですから、やらせておいて損はないでしょう。iPhoneがピークパフォーマンスを発揮できる期間、少しでも伸ばしたいですよね。

守りたい、この最大容量

この記事をシェアする

  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE

トピック: